階級別 ミドル スーパーミドル プロスペクト

試練に耐える者に幸あれ/ジャモール・チャーロVSマット・コロボフ

投稿日:

おいおい、せっかく苦労して貴殿の記事を紹介したのにそれはないぜ。12月22日に予定される、ジャモール・チャーロVSウィリー・モンローですが、モンローがVADA(Voluntary Anti-Doping Association)による検査で陽性が発覚し、WBCは試合に難色を示しているという。

フォール イン マイ ラップ・戦う芸術家/ウィリー・モンローVSジャモール・チャーロ

12月22日、この試合は圧倒的にチャーロ有利なオッズでしょうが、モンローファンのマニアは実は多い(気がする)。この男、本気を出せば強いはずだ。溢れる才能とDNA、それだけは間違いないのだから。最後まで ...

続きを見る

そして、権威あるバイブル、RingMagazineによると、モンローの代役として同日試合に出場予定のマット・コロボフが候補にあがっており、チャーロ、コロボフ双方ともに同意していると言う。恐らく本日中に試合についての発表が行われる見通しです。

WBCが推進するVADA(Voluntary Anti-Doping Association)において、モンローの尿から禁止薬物が検出された。同日、コロンビアのフアン・デ・アンジェル (21-9-1、19 KOs)との8回戦を予定していたマット・コロボフは代役としてチャーロに挑戦する条件に同意した。

通常、このようなカードには予備カードが付随しており、コロボフは予定されていた168ポンド(スーパーミドル級)から160ポンド(ミドル級)に調整し直すために6日間の猶予を与えられる見通しだ。

この試合はVSウィリー・モンローよりもいいマッチアップかもしれません。モンローは退屈な判定の多いトリッキーなボクサーですが、コロボフは圧倒的なアマチュア実績を誇る強力なファイターです。

現在35歳のコロボフは、ロシア代表として世界選手権を2度制覇し、現スーパーミドル級王者のホセ・ウズカテギに勝利しています。唯一の敗北は当時のミドル級王者、アンディー・リーにノックアウト負けです。コロボフ(28勝14KO1敗)はHBOで放映されたその試合で右フックのカウンターを食って敗北したが、それまでの採点は支配していた。

ジャモール・チャーロはミドル級において注目すべき立場にいます。
元はスーパーウェルター級王者だったが、ミドル級に上げても破壊的です。コロボフが相手に変更されると、チャーロにとっては自身が望んだ相手ではないとしても、ミドル級で最もタフなテストになるでしょう。

チャーロ
「一週間遅れそうだ。俺は準備できているから誰が相手だろうが問題ないさ」

ラストチャンスがあるならば/マット・コロボフ

昨日はWBSSスーパーミドル級決勝、カラム・スミスの印象的な勝利と、ホセ・ウズカテギのノンタイトルがありました。スミスはデカい。試合当日はグローブスよりかなり重かったのではという印象を受けました。ウス ...

続きを見る

神様もう一度だけ/マット・コロボフ

たった一度の敗北がこれほどに運命を分かつ・・・ 村田やレミューのような立場と違うのは境遇などの宿命か・・・ この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follo ...

続きを見る

無冠の帝王のプライド/デビッド・ベナビデスVSマット・コロボフ

超トップアマであるが故に避けられ、やっと手にしたチャンスでポカをして、終わってしまうんじゃないかとおもわれたコロボフに恐らく最後のチャンス。やったー。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアす ...

続きを見る

今後、正式な発表があるでしょうが、昨日の時点ではこの記事が最も詳しかったです。

上記で取り上げているとおり、ボクシングの不条理を嘆く私にとり、コロボフは特別な存在です。アマチュアキャリアが邪魔をして、なかなか相手が見つからない、GGGのような人気を開拓できなかった不運の無冠の帝王です。肝心のチャンスで自滅したから仕方ないですが、痛恨の1敗で全てを失うのは過酷すぎると・・・

GGGと同じ時代を生き、ボクサーとしての晩年を迎えつつある今、加齢とチャンスを求めてSミドル級まで視野に入れてラストチャンスを模索してきましたが、こんな形で転がり込んできたのだとしたら、複雑ですが受け入れるしかないであろう。

元々、ラミレスやベナビデスへの挑戦も辞さない姿勢でしたし、チャーロでもいいと言っていました。現スーパーミドル級王者を凌駕している。(ウズカテギ)ある意味チャーロが今一番危険な男ですが、このチャンスを逃すわけにはいきません。

ここに勝っても暫定王座だし
チャーロにとってもハイリスクでローリターンですが

双方合意だとしたら、とても勇気あるマッチメイクといえそうです。
チャーロを除く現ミドル級王者の誰よりも強いんじゃないか、コロボフ・・・
そして誰も相手にしたくない存在・・・

本当に決まるんだろうか・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ミドル, スーパーミドル, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.