階級別 ミドル

フランチャイズな保護計画/おカネロ様は特別な仲間

投稿日:

呆れるほどひどいニュースかとおもいます。でも抵抗しても無駄なので事実を残すのみ・・・

最近の衝撃的なボクシングのニュースに、ミドル級世界王者のカネロ・アルバレスにWBCは新しい”フランチャイズチャンピオン”の称号を与えるというものがあった。この動きは、カネロを指名戦などの義務から除外し、好きな試合を自由にできる権利を与える事を意味する。

カネロは正規王者ではなくなるので、カネロに勝った者はダイヤモンドベルトが与えられるという。ダイヤモンドベルトはマニー・パッキャオVSミゲル・コットのために2009年に考案された。

それは歴史的な試合の勝者に与える指定席のようなものだ。
WBCはまた、暫定王者のジャモール・チャーロをレギュラー王者に引き上げた。

この経緯をみても驚かないのは、これがWBAによるスーパー王者とレギュラー王者という形式とほとんど同じだからだ。チャーロはカネロとの対戦を強くアピールしていたから、とても混乱を招く決定だ。

今となっては指名試合など何も効力がないようだ。PBCとDAZNの対立を考慮すれば、ジャモール・チャーロはカネロやゴロフキンから完全に追い払われた事になる。

ファンにとってはまた新たな王座が増えただけにみえるかもしれないが実際はもっと悪質だ。WBCは基本的に特定のファイターが十分な収益をもたらした場合、そのファイターはプロテクトされる(保護計画に入る)と言った。

もはやボクシングは健全なスポーツとは言えない方向に加速している。

フランチャイズってどんな意味だっけと改めて調べてみると認可、権利、加盟という感じなので

カネロはWBCにとって、認められた、特別な権利を持つ、俺たちのお仲間チャンピオンという事になる。
例えカネロに勝ってもお仲間とは認められず、ダイヤモンドという名誉だけ与えて、「よかったね、もっと俺たちのために貢げよ、そしたらフランチャイズにしてやるよ」という事になる。

レギュラー王者?そんなものは勝手に熾烈なランカー達と凌ぎを削っておけ、指名戦の義務も認定料も忘れるな、そして俺たちの仲間のフランチャイズ王者には手を出すな。

という意味になる。

ひどいな、もう何を信じていけばいいのか・・・
何を言っても無駄だが、団体やベルトの権威はもうない。

おカネロ様にはご贔屓ジャッジも法律までをも作ってしまう。

そんなおカネロ様は老いたコバレフをターゲットに9月に向かっているとおもわれる。
GGGじゃない、歴史を作るんだ、5階級制覇だ。
コバレフはアンソニー・ヤーデとの試合を保留、延期した。

アンドレ・ウォードの戦い方、守って守って、ローブロー
これでコバレフを攻略できるさと。

リングマガジン認定王座、ここのランキングだけを頼りにしていこう。
お金でなく名誉を。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ミドル

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.