階級別 ミドル プロスペクト

デメトリアス・アンドラーデVSマシエ・スレッキ LIVE

更新日:

大口叩く割にはこれまでほとんど何もしていないといえるアンドラーデを応援はできない。ミドル級はカウトンドクワというアフリカンに判定で獲得、その後も安全運転で無名に勝っているだけだ。スーパーウェルター級の王者の頃も大差なかった。

当時無敗のウーゴ・センテノを倒し、ジェイコブスを苦しめたスレッキのアップセットを期待する。しかしアンドラーデが圧勝すれば、ジェイコブスより強いのかもという指標にはなる。その自信を裏付ける強さを見せることはできるか、いつもの安全運転か・・・カネロの9月も一応この試合の内容次第・・・

123456789101112R
アンドラーデ
10
10
10
10
10
10
9
9
10
10
10
9
117
スレッキ
8
9
9
9
9
9
10
10
9
9
9
10
110

1R

初回から意外ととばしていくアンドラーデが
スレッキからいきなりダウンを奪う。
しかし頭頂部をかすめただけの勢いダウンか。

アンドラーデの迫力にスレッキがかなり追手にまわってしまった。

アンドラーデ10-8

2R

アンドラーデのスピードに慣れたスレッキが
互角に対抗してきたが、距離と左が厄介。
アンドラーデは積極的だがへっぴり腰の手打ち気味。
左のオーバーハンドだけ強い。

アンドラーデ10-9

3R

いつものアンドラーデの試合になってきた。
ジャブとフットワークと左の威嚇で距離が遠い。
アンドラーデの地元だからポイントは彼かもしれないが
内容は互角
地元のアンドラーデが元気なのでスレッキはやや追手

アンドラーデ10-9

4R

アンドラーデの距離と荒っぽさにスレッキが遅れをとっている
が後半どうなるかはわからない。

アンドラーデ10-9

5R

ボクシングではなく鬼ごっこのような試合。
スレッキはアンドラーデを捕まえないと負けになってしまうだろう。
アンドラーデは左の威嚇とスピード、足でやりにくさ全開のスタイル
これはカネロに嫌われるだろう。

アンドラーデ10-9

6R

互角の鬼ごっこにみえる
やりたいようにやってるのはアンドラーデなのかな

アンドラーデ10-9

7R

ポイントは大差だが内容には差がない。
アンドラーデが鬼ごっこをやってるだけ。
このハイペースな鬼ごっこも少しペースが落ちて互角になってきたので

スレッキにする

スレッキ10-9

スレッキはこのままでは勝ち逃げを許すからもっとガンガンいかねばならない。

8R

チャーロが終わったのでここからしっかり見る。
アンドラーデはもう徹底的に当て逃げだけ。

スレッキが捕まえるのか逃すのか
時折スレッキのパンチが当たる。

アンドラーデ、こんなファイトじゃ人気は出ない。

スレッキ10-9

9R

名前は揃ったが昨日の方が面白かったなぁ、はよくある事。
この試合(鬼ごっこ)の焦点は鬼が逃げるか捕まるかだけ。

判定でアンドラーデ
KOでスレッキだろう。

アンドラーデ10-9

10R

どちらも倒れることはなさそうだ。
アンドラーデはもう幽霊のような戦い方。
スレッキも突貫ファイターになれない。

アンドラーデ10-9

11R

スレッキはファイトしたくてもさせてもらえなかった。
アンドラーデは幽霊戦法でゲームしただけ。
時折ラッシュはするがみせかけの狂暴。
倒すプロセスというのはまるでない。

昔のアマチュアスタイルというべきか

アンドラーデ10-9

12R

アンドラーデはボクサーではなくランナーだったというコメントが出るのだろうか。
大差だが大差ではなくファイトではなかったと言うべき試合か。

こんな勝ち方をしてもアンドラーデはビッグマッチに進めないのではないか
怖さはないから選ばれるのか

少なくともミドル級の最強ではなく最凶の一角であり幽霊だ。
最後はアクションに乏しくアンドラーデは逃げただけなので

スレッキ10-9

スレッキは戦術を間違えたかな。
もっとプレスをかけないと鬼は捕まえられない。

これがアンドラーデの真骨頂だろうが
恐ろしくつまらない。

ほぼフルマークでアンドラーデ

前座

カリ・ヤファイVSノルベルト・ヒメネス

ヒメネスは河野と引き分けた選手だがかなり雑草のキャリア。
ヤファイは一流王者といえるのか?
ヤファイが積極的に攻め、ヒメネスはバタバタと対処している。スキルでヤファイを攻略するのは難しい。
いいところをみせたいヤファイが常に攻撃的でヒメネスは下がって対処で精いっぱいだが
相変わらずヤファイの精度、パワーはたいした事がないのかヒメネスにダメージはない。

マレロと同時観戦だが2試合ともに打ち合いなのに判定臭が漂う。
バッティングやローブローを食ったヒメネスが少しやけくそ気味になってきた。
ヒメネスが後半仕掛けるとヒットも増え互角になってきた。タフネス、耐久力はヒメネスの方がありそうだ。
最終回にヒメネスが疲れダウンみたいのを喫して判定はヤファイが明確にとった。

技術はあるが怖さ、タフネスを感じないヤファイそのままの印象。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ミドル, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.