ぶっ倒すのみ/ロブ・ブラントVS村田諒太

ブラントVS村田再戦の海外からの展望です。今さら何言ってんの?な内容ですが、反論は何もできません。その通りです。しかしスピードやスキル、年齢などを考慮しても、人間として男として、村田はブラントに勝てるモノを備えているはずとおもうのは私の過大評価だろうか?

ロブ・ブラントと村田諒太は7月12日、エディオンアリーナ大阪で再戦する。ブラント(25勝17KO1敗)は昨年村田に勝って以来、順調にキャリアを重ね、ビッグマッチの準備を整えようとしている。

28歳のブラントは昨年2月にWBAのレギュラータイトルの初防衛戦でキャサン・バイサングロフを11回TKOで破った。王者として一皮剥けた安定感あるパフォーマンスだった。

ロンドン五輪金メダリストである村田のダイレクトリマッチには疑問が残るが、彼に出来ることが他にあるだろうか。村田がミドル級でその他王者に勝つには遅すぎる。かといってスーパーミドル級に進出するにはサイズを欠いている。

村田はブラントにリベンジしようとしているが、初戦でブラントは村田に対し1262発のパンチを放ち、118-110、119-109×2という大差だった。再戦で逆転するのは難しい差だ。ブラントはハードパンチャーの村田が捕らえるには速すぎ、忙しすぎる相手だ。

村田
「ブラントの勝利は極めてフェアなものだが、私はリベンジの準備が出来ています。みんなに本当の村田諒太をみせ、タイトルを取り戻してみせます。試合後少し休んだが、戦いの欲求を失うことはなかった。実際、これまで以上にやる気に満ちています。」

昨年10月の対戦ではブラントはアンダードッグだったが、五輪金メダリストだからといってオッズは何の信用にもならない事を示した。2017年5月のハッサン・エンダム戦を観れば、ブラントが勝利する事も容易に予想できたはずだ。あの試合が物議を醸した事が重要なのではない。重要なのは接戦だった事実であり、村田がホンモノの実力者であればそうはならなかったはずだ。村田とエンダムは実力が拮抗していた。ブラントが容易に村田を破った事は多くのボクシングファンにとって驚くべきことではなかったのだ。

村田にはブラントのようなボリュームあるパンチに匹敵するものがない。村田がすべき事はジョージ・タドーニッパーやブルーノ・サンドオーヴァル、フェリペ・サントス、ペドロソ戦のようにブラントをノックアウトする事だ。ビッグパンチで彼を捕まえることだけだ。しかし彼らはレベルの低いファイターでありブラントとは訳が違う。ブラントはパンチを打たれるために静止してなどいない。村田がブラントをノックアウトするのは困難だろう。

村田がこの試合で負けると引退を考慮する必要がある。それでもブラントはミドル級で最弱の王者とみなされており、村田にとっても最も楽な道なのだ。スーパーミドル級に転向してももっと過酷な現実が待っているだけだ。7月12日のブラントへの再戦ほど、村田にとって最も望ましい相手、試合は他にないのだ。

記者さんの言ってることはわかりますが、だから何?という内容です。
しかし以前から村田に懐疑的で、守られて、強豪と全くやっていない、試されていない、ほらみろこうなったという指摘は正しかった。

王者という果実を獲るならもっと厳しいキャリアが必要だった。ブラジル人、メキシコ人、イタリア人、本場からかけ離れた微妙な相手ばかりで築いたキャリアはやはり偽物だった。

先週、村田のスパーリングパートナーのパトリック・デイは、トップランクのホープ、カルロス・アダメスにユナニマスで負けた。デイらしくよく動き、テクニカルに上手く戦っていたが、アダメスのフィジカルパワー、屈強さを捌ききることはできなかった。最低でも村田はアダメスのように戦わねばならない。

日本のメディアによるニュースだといかに村田が初戦と変わって調子がいいかという情報ばかりだが、年齢的にも勢いも機はブラントにある。

村田がリベンジを果たすには、やはり誰もが考える通り、ブラントの足と手数を潰して壮大にノックアウトするしかないのだ。のらりくらりと戦って、亀のようにガードを固め、当然のようにポイントを落としていく帝拳流スロースタートではダメだ。西岡は最後のチャンスでナパーポンと戦った時、初回から飛ばした。それは自分のスタイルではなかったけど最後だからそうやったと言っていた。村田は奇襲せねばならない。ブラントがやったように。

こういう試合をしないとね。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What’s your Reaction?
最高
最高
0
いいね
いいね
0
ハハハ
ハハハ
0
うーん
うーん
0
がっかり
がっかり
0
最低
最低
0
コメント一覧
  1. >エンダムも村田とやる前は世界レベル世界レベル言われてたのになぁ。世界レベルとやらは村田が勝てるかどうかが基準になるのか?

    ホントそうw

    このブログですらエンダムを持ち上げまくって「村田はエンダムとやってみろや!」とか管理人が言ってたはずなのに、村田と対戦決まった途端に雑魚扱い

    興味無い試合で見てないとか言い出すんだから、いい加減や奴が好き勝手言ってるだけだよな

    0
    0
  2. 記者会見で「ブラントはアウトボクシングしてくると思うので・・・」と村田は言ってましたが、もしアウトボクシングしてこなかったらどうすんの?無策の帝拳だから何も考えてないだろうなあ。アウェーですしブラントはKO狙ってくると思いますよ。もちろん1発KOではなくて中盤から後半あたりで。スタミナも高地トレでアップしてますし、パンチ力も無いわけじゃない。初防衛戦では格下とはいえTKOしてますからね。村田はそれほどスタミナがあるわけじゃないし、ずっと強いパンチを打ち続けことは出来ないと思います。村田が勝つには5Rまでにビッグパンチを当ててKOするか、致命的なダメージを与えておくしかないでしょう。5Rを越えれば村田に勝ち目はない

    0
    0
  3. 呼びつけてって言い回しが嫌らしいな。相応の金払ってんだから別にいいだろ。
    エンダムも村田とやる前は世界レベル世界レベル言われてたのになぁ。世界レベルとやらは村田が勝てるかどうかが基準になるのか?

    0
    0
  4. 無策で傷つくのは選手ですからね…また初戦みたいな展開になったら8.9Rくらいでギブアップしてもいいと思います。

    しかし、今回の村田の意気込みを見ると即戦即決を狙ってそうですね、浜田さんになれるか?

    0
    0
  5. 帝拳は無策だからなぁ
    長期戦を見据えてボディ狙いや右ストレートばかりで早々に相手に読まれて
    大差判定負けか中盤のTKO負けを予測するけど
    逆に1ラウンド目から被弾を恐れずガンガンいくようなら少しは勝機があるかもしれない

    0
    0
  6. 今の村田に出来る仕事が、完敗を喫した相手をホームに呼びつけてのダイレクトリマッチしか無いのか…勝っても微妙、敗けたら無惨。

    フラチャンもGも別世界の住人になってしまいましたし、どうせなら階級上げてブリーマとかKOして再起して欲しかった。

    0
    0
  7. 村田選手の右右右みたいなコンビネーション大好きです。
    ヌジカム戦のように改良して、今度こそスカっと勝ってもらいたい。
    GGGではなく、VS金ロを夢見ます。

    0
    0
  8. 年齢的にも今までに培ってきたスタイルは、そうそう変えれませんよね。だから、不利に思えてきます。いっその事に浜田会長がレネ・アルレドンド戦みたいに初回から急襲するとか?って勝手な事ばかり言ってますが、やはり、カギはボディーでしょうか?

    0
    0
  9. これに勝っても次どうするんだろうとは今は考えない。
    偉大なチャレンジではないかもしれないが今挑める最高の地位にいる相手との引退賭けた戦い、勝ってアンドラーデや井岡、河野のように30過ぎた後のさらなる成長へ繋げてほしい。

    0
    0
  10. いつもの村田の戦い方になることは間違いないと思ってます。
    予想は中盤までポイントは取られるけれどボディを利かせて落ちてくるブラント
    村田も序盤から飛ばそうという意識だけは有ったので終盤にはスタミナ切れてぐだぐだになるけれど
    頭を押さえての右でダウンを取る
    結果は村田の判定勝ちと予想します。

    そして勝てばゴロフキン戦、ここまでしたのだから実現すると予想します。

    0
    0
  11. 私も管理人さんの意見と同じく、村田はブラントをリズムに乗せないためにも1Rから積極的に仕掛けないと、攻防ともに硬直した村田のボクシングスタイルでは、勝てないと思います。正直にハンドスピードも抜き出た破壊力も無いから相手は対処しやすいと思います。いくらスパーリングが好調でもそのままそれを試合でパフォーマンスとして発揮できるのは、日本では、井上チャンピオンだけですから。辛口で申し訳がありませんが、王座奪取に期待をしてます。これほど早期に再挑戦ができる事に恵まれていますから、それを糧に村田に奮起を!!

    0
    0
コメントを残す

※相手に対し失礼だとおもわれるコメントは削除される場合がございます。

おすすめの記事