階級別 ミニマム フライ プロスペクト

未来にはばたけ/田中・京口の近況

投稿日:

田中にはフライ級適正と体力、パワーの上限を、京口の相手は強そうだが小粒な話題すぎるように感じましたがさて・・・

3月31日、無敗の2階級王者田中恒成は名古屋国際会議場で、無敗のロニー・バルドナドを9ラウンドストップしフライ級デビューしました。昨年9月の防衛戦の怪我からの復帰でもあり、22歳のボクサーパンチャー田中の印象的な勝利でした。

田中
「怪我をせず勝てて光栄です。ライトフライ級に比べて減量が楽でいいコンディションを作れました。フライ級でやっていく自信を深めました。」

田中は現在WBO1位です。王者は同国の木村翔ですが、次戦が木村になるかはわかりません。

田中
「できるだけ早く世界戦がしたい。次が木村戦になるのか、世界タイトルになるのかわかりません。早いキャリアで世界タイトルの経験をしているので、次戦が世界タイトルでないとモチベーションが上がりません。」

田中を指揮する畑中清はバルドナドに対する田中のパフォーマンスに満足しました。

「時期は決まっていないが、指名挑戦権があるので9月までには試合が決まらねばならない。田中の目標は5階級制覇です。」

木村VS田中かぁ、あまり燃えないな。木村もそろそろ次戦の発表を・・・

畑中会長は高らかに5階級宣言をしましたが、Sフライを超えてバンタムまで。田中の良さはスピードとキレだろうしバルドナドという選手が頑丈だったのかもしれないが、ボディ以外は打っても打っても効かない様子で、現状の田中のウィークポイントをあげるとすればパワーだろう。フライ級ではパンチは軽い。

亀田昭雄さんが比嘉の体重オーバーについて触れた記事で、比嘉がどうこうよりもクリストファー・ロサレスを絶賛していた。長い手足にスピード、手数、未来のアルゲリョであると・・・

そうかなぁ、スピードやリズムがやや単調で遅いようにみえ、田中VS木村よりは田中VSロサレスを見てみたいな。その方が観たいという人も多いとおもうけど・・・優先順位はセルビーになるだろう。

京口紘人の2度目の防衛戦が5月20日、恒例の大田区体育館で決まりました。相手はフィリピンのヴィンス・パラスという新鋭です。

強い相手を希望して決まったそうだが、パラスという選手は世界的な実績は皆無で、フィリピン国内のアマで活躍したこれからが有望な若手といった趣の選手だ。筆頭挑戦者には同じフィリピンのマーク・バリガがいるので、どうしてランク外のこの選手を見つけて来たのか謎だ。

基本に忠実でガードも高くいい選手だなというのはわかる。が、まだオーソドックスすぎ、幼すぎる気がする。両者ともにまだキャリアを構築していく段階なのだろう。パラスには願ってもないチャンス到来だが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ミニマム, フライ, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.