階級別 ミニマム フライ 日本

井岡VSレベコ他

更新日:

やはり戦前の予想通りの結果となったが、共に判定でTBS的には消化不良。
ゲスト、解説の露骨な日本人贔屓に自分は嫌気がし、まともにみれませんでした。

井岡VSレベコ

井岡が王者でレベコが挑戦者のような戦いぶり。
攻めて手を出すのはレベコだが当たらない。
レベコの打ち終わりに合わせるだけで手数少ない井岡

徹底して打ち合わないボクシング。
もう3ラウンドくらいには判定になる予感がし、その通りとなった。

このスタイルでの挑戦者は中立地なら負けでもおかしくない。

シルベストレ・アバインサというジャッジはほとんど日本の御用達である。

よくも悪くもこれが井岡の実力だろう。

安牌だけの3階級制覇、下らない。

高山VSサックリン

高山のキャリアや不屈の闘志は買うが、ボクシングはどうにもこうにも好きになれない。
パワーレスすぎて退屈だ。

その欠点を補う、スタミナと回転力、今回も序盤から飛ばしまくってポイントを先行させ
最後は両目の傷で自滅、先行逃げ切りともいえぬ先行中抜けであった。

手数と攻勢だけはすごいが有効打はサックリンの方
高山の10発よりサックリンの1発の方が有効だ。高山は10倍以上パンチを出しはしたが。

続行だったら相当厳しい展開となっていただろう。
あんなに打っても高山だけ顔面がボコボコ。

高山の試合はたいてい相手の方がいいボクサーだ。
その才能をノンストップラッシュで抑えてしまうのだからすごいといえるが
井上弟が完封した相手にこの内容では階級を上げるどころの話ではない。

4団体制覇はすごいけど、強豪とやって欲しい。
強豪といえる相手には全敗である。
そういう意味では恵まれ過ぎの王者といえ、実力は買えない。

関連ニュース
  • 井岡一翔 - Wikipedia
    井岡 一翔(いおか かずと、1989年 3月24日 - )は、日本のプロボクサー 第33代日本ライトフライ級王者。 元wbc世界ミニマム級王者。 元wba世界ミニマム級王者。 元wba世界ライトフライ級王者。元wba世界フライ級王者。 現wbc世界スーパーフライ級シルバー王者。元世界最速での3階級制覇王者 。
  • Frentopia公式ブログ | 08/04
    「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る 2017年8月1日、wbaは同世界フライ級王者井岡一翔と、ランキング1位のアルテム・ダラキアンに指名試合の交渉を命じたと発表した。
  • ボクシング記事一覧リンク集 | 俺が出版とかマジ無理じゃね?
    あわせて読みたい. 大健闘の井上岳志。ハイメ・ムンギアに3-0の判定負け。でもめちゃくちゃカッチョよかったよな。
  • ローマン・ゴンサレス - Wikipedia
    ローマン・ゴンサレス(Román Alberto González Luna、男性、1987年 6月17日 - )は、ニカラグアのプロボクサー。 マナグア出身。元WBA世界ミニマム級王者。 元WBA世界ライトフライ級 スーパー王者。 元WBC世界フライ級王者。 元WBC世界スーパーフライ級王者。 ニカラグア人初の世界4階級制覇王者。
  • ボクシング備忘録 ~第1回・第2回WOWOWボクシング検定チャンピオンがお届けする低レベルなボクシングブログ~
    ボクシング備忘録 ~第1回・第2回WOWOWボクシング検定チャンピオンがお届けする低レベルなボクシングブログ~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ミニマム, フライ, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.