階級別 ミニマム ライトフライ レジェンド

無敵の少年/(Iron Boy)イヴァン・カルデロン

投稿日:

私には相手のような背の高さも、リーチも、パワーもありませんでした。動きで相手を失望させる必要がありました。打たせず、打つ、それが私のスタイルでした。

イヴァン・カルデロン・マレーロはとても小さな男だったが、最高のボクシングスキルで賞賛され、WBOミニマム級王座を11度、同ライトフライ級王座を6度も防衛する名チャンピオンとなり、プエルトリコを代表するボクサーとなった。

カルデロンはプエルトリコ北部のグアイナボ市で生まれ、幼いころからやんちゃだった。

カルデロン
「ストリートファイトばかりしていたので兄がジムに連れて行ってくれました。結局兄はボクシングを辞めたけど私は続けた。ボクシングのために生まれてきたんだとおもいました。17歳になって本気で取り組むことにしました。」

小さなサウスポーはアマチュアとして活躍、パンアメリカン大会や中南米ゲームでメダルを獲得、2000年のシドニーオリンピックにも出場したが残念ながら初戦敗退した。アマチュアでは110勝20敗の記録を残した。ブライアン・ビロリアと4度対戦し、3勝1敗している。

2001年2月にエリック・モラレスVSグディ・エスパダスJrの試合の前座でプロデビューした。

続きはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ミニマム, ライトフライ, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.