階級別 スーパーバンタム レジェンド

新しい人生/マヤル・モンシプール

更新日:

なかなか含蓄のある内容です。最近はアマチュアエリート、キッズの頃からボクシングをやっていないとなかなか頂点には立てませんが、こんな成功物語もある。マヤル・モンシプールの努力と献身を知っていれば、雑草にだって無限の可能性は広がっているとわかる。何よりも不屈、不滅の男だった。

マヤル・モンシプールは、2000年代前半から半ばにかけて、無名からWBAジュニア・フェザー級王者にまで上り詰めた強打者だ。1975年3月21日、イランのテヘランで、警察官の父とサービス業の母の間に生まれた。幼少期は特に苦労が多かった。

モンシプール
「私がまだ1歳にもなっていないときに両親は離婚したんです。母は再婚した。その結婚が祝われるや否や、彼は母に私と別れるよう頼んだ。彼は私の足の裏を3か所、タバコで焼いた。生活水準を維持するために、母は私を元の父親に返した。父は私がまだ1歳半だった頃、一人娘のアシュラフに、母親のように私の世話をするように頼んだ。」

彼が6歳になるころ、父親は再婚し次男をもうけてた。しかし結婚生活は長くは続かず、モンシプールは弟妹とあまり会えなくなった。1980年代半ばにはイラン・イラク戦争が勃発し、父親はモンシプールを海外に送り出し保護する必要があると判断した。

モンシプール
「父の姉のマフナズがフランスのポワチエにおり、喜んで私の面倒を見てくれた。10歳で留学ビザがおりたのは、異例のことだった。1986年8月15日、わずかな着替えと毛布1枚で飛行機に乗った。到着から入学まで、あと15日。フランス語は一言も話せなかった。それから9カ月間、時間との戦いが始まり、フランス語の先生であるベルノラス夫人によれば、美しいフランス語をほぼマスターすることができたということです。」

モンシプールは、優秀な学生で、当初は医者を目指していた。しかし、すぐにスポーツに目覚め、バスケットボールやハンドボールをするようになり、走るのも得意だった。

モンシプール
「学校では小さなスターになったんですよ。その時、スポーツの持つ力を理解したんです。」

注目されていたにもかかわらず、モンシプールは内向的な子供だった。幼い頃、父親に殴られたことがあり、その影響が残っていた。ボクシングに注目するまでには時間がかかった。

続きはこちら

新しい人生/マヤル・モンシプール | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち
新しい人生/マヤル・モンシプール | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち

シェアしてくださるとうれしい なかなか含蓄のある内容です。最近はアマチュアエリート、キッズの頃からボクシングをやっていないとなかなか頂点には立てませんが、こんな成功物語もある。マヤル・モンシプールの努 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーバンタム, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2022 All Rights Reserved.