スポンサーリンク



階級別 スーパーバンタム フェザー

フランプトンはアヒルである/ギジェルモ・リコンドー

投稿日:

重量級がメインである海外記事に軽量級がのっていたら、読んでしまいますが、ロマチェンコVSリコンドーは複雑な心境で今なお読む気になれません。そんな中、リコンドーがロマチェンコ以外の話をしていました。

リコンドーがフランプトンに対して言及する機会がありました。

リコンドー
「フランプトンはファンが持ち上げたから王者でいれただけさ。」

フランプトンがSバンタム級王者だった時、リコンドーは対戦要求をしたが、彼は決してその申し出を受けなかった。たとえフランプトンがSバンタム最強と評価されても、リコンドーとの対戦は決して受けませんでした。2009年から16年まで7年もSバンタムでしたが、機会は訪れませんでした。なのでリコンドーはフランプトンを「アヒル(カモ)」と呼んでいます。

いくらリコンドーがフランプトンを挑発しても、フランプトンがその挑発に乗るとはおもえません。今までも、これからも。

その後フランプトンはフェザー級に上げ、ただちにサンタクルスに勝ち2階級制覇をしましたが、再戦で敗れました。疑わしいオラシオ・ガルシア戦で生き残りましたが、Sバンタム時代に比べると全く冴えません。

フランプトンは決してSバンタムに下げることもなければリコンドーと戦う事もありません。レオサンタクルスとの再戦やセルビーVSウォーリントンの勝者、最近人気上昇中のオスカー・バルデスの名前しか口にしません。そしてもしそれらをクリアできたらSフェザーへ向かう可能性もあります。

リコンドーは来月、2階級もジャンプして、最強のロマチェンコと対戦します。

私はリコンドーがロマチェンコに勝つとおもっています。
前戦のモイセス・フローレスはロマチェンコより大きかったが、リコンドーは初回で粉砕してしまいました。
(のちに反則でノーコンテスト扱いになった。)

リコンドーの発言とあったが、一言だけじゃん。
たぶん欧州、ジョシュアの記事ばかりなので英国のサイトかなとおもいますが、フランプトンのこういう側面も書くのは立派です。

本当は最後の文章は内容が違います。

リコンドーがロマチェンコに勝つイメージの根拠はモイセス・フローレスです。
フローレスはロマチェンコと同等の体格とスピードを持っていたからです。

のように書かれていましたが、スピードもスキルも違いすぎるので、そのまま書くのが忍びなく自己修正しました。体格くらいです。天笠も体格はありました。ただの記録の他、記者の意見も書いてあるのはいい事ですが、稚拙に感じる事も多いです。

肝心のリゴロマの予想は今なお出来ません。負ける姿が想像できないのはリコンドーの方ですが、ポカしたりストレスたまるとすぐ諦めそうなのもリコンドーです。どうか、リゴロマがどんな結果になろうとも、リコンドーにはここで引退などせず続けてもらい、WBSSで予定されているというフェザー級戦線に加わり、この逃げ場なきトーナメントで人気者のヒスパニックや欧州勢をボコボコにして欲しいと願います。

-階級別, スーパーバンタム, フェザー

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.