スーパーバンタム 日本

西岡VSマルケス

更新日:

ついに決まった。10月1日(日本時間2日)、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランド・ホテル&カジノ

こんなビッグファイトでも日本ではWOWOWのみなのがさびしいがまぁ変な解説で民放でやられるよりましか。ここはジョー小泉、浜さん、高柳さんが一番ふさわしいだろう。あとゲストで香川さんとか。

充実し、防衛も重ねている西岡にとりたとえマルケス相手であろうとも王者として堂々と迎え撃てる相手だろう。
しかし自分の予想はずるいが5-5かな。

V3のジョニー・ゴンザレスに比べれば大きすぎる、距離が遠すぎる、やりにくいという相手ではないだろうがジョニゴンと違ってマルケスはタフだ。
打たれてダウンはしてもその闘志がすさまじいのはイスバス戦で証明済みだ。
しかも兄貴がパッキャオ戦を控え、今まさにこの兄弟は栄光を勝ち取るのか、引退に追い込まれるか、ボクサー人生の頂点にいる。
メキシコボクシングの誇りを背負っている。
ラファエルのトレーナーが渋いサウスポーのサラゴサというのも嫌だ。(最近ズラ疑惑)

この階級随一ともいえる体格とタフネスであったであろう、レンドール・ムンローも撃破した西岡だから大丈夫だろうとはおもうがムンローよりキャリアがありテクニックもありパンチも強いのがマルケスだ。

西岡で惚れ惚れすると同時に不安なのが線の細さ、ポイントとれても一発で効かされるんじゃないかという危うさだ。
鼻先でかわすディフェンスやポイントメイクは素晴らしいとおもうが対戦者の強引な一発にヒヤリとすることもあるにはある。
ジョニゴン戦も自分では2ラウンドは10-9西岡であったが現地では10-8、10-9でジョニゴンであった。
あの一発がなければわからない試合であった。

しかし本人がいつ、誰とでも戦うという強い決意に満ちているし年齢的にもボクシング技術も洗練、充実しきっているしSバンタムナンバーワン評価の王者であるから、こういう試合は本物の王者たるもの望むべきものだ。

これぞ世界、リアルボクシングの王道である。
ちんどんボクシングショーしか見れない、見せない日本の方々に是非アピールして欲しいものだ。

自分にとりこの試合こそ今年最高峰である。
ジョニゴン・マルケス連覇したら一生の宝ものとなりジジイになってボケても忘れないだろう。
[tubepress mode="tag" tagValue="toshiaki nishioka boxing"]

関連ニュース
  • 西岡利晃 - Wikipedia
    西岡 利晃(にしおか としあき、1976年 7月25日 - )は、日本の元プロボクサー。 兵庫県 加古川市出身、尼崎市在住 。 元wbc世界スーパーバンタム級王者。 jm加古川ジム所属選手としてプロデビュー、2000年9月より帝拳ジム所属。
  • 海外ボクシング動画配信局
    ユーリ・フォアマンvsミゲル・コット直前 ; nabf北米S・ウェルター級王者 第44代wba世界S・ウェルター級王者
  • 「ベストを尽くした」ドネアに戦慄の結末=5階級制覇の名ボクサーのKO敗を考える - スポーツナビ
    2007年にIBF世界フライ級王者ビック・ダルチニャンをKOして彗星の如く表舞台に登場して以降、ドネアは米国内で確かな存在感を築いて来た。
  • 最強王者「衝撃の失神KO負け」の瞬間|動画|Yahoo!映像トピックス
    元6階級制覇王者マニー・パッキャオと4階級制覇王者ファン・マヌエル・マルケスのノンタイトル・ウエルター級12回戦で、マルケスが6回2分59秒KO勝ち。パッキャオが前のめりに倒れ失神する衝撃の瞬間です。 パッキャオ失神KO負け/ボクシング - nikkansports.com 西岡氏も興奮「パッキャオがあんな ...
  • ノニト・ドネア - Wikipedia
    ノニト・ドネア(Nonito Donaire、1982年 11月16日 - )は、フィリピン出身のプロボクサー。 IBF世界フライ級王者。 元WBA世界スーパーフライ級 暫定王者。 元WBC・WBO世界バンタム級 統一王者。 元IBF・WBO世界スーパーバンタム級 統一王者。 元WBA世界フェザー級 スーパー王者。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-スーパーバンタム, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.