階級別 スーパーバンタム

打ち込んでいく勇気/岩佐亮佑

投稿日:

最後に同じ事を書いたが、最初にも言う。「これが最後では納得がいかない」

オーストラリアを拠点とするアイリッシュのテレンス・ジェイ・ドヘニーは4000マイルの旅をして日本でIBFスーパーバンタム級王者の岩佐亮佑とタイトルを争った。無敗の挑戦者ドヘニーは満場一致のユナニマス(117-112、116-112、115-113)で勝利し旅を価値あるものに変えた。

“The Power” というニックネームのドヘニーは岩佐に対し慎重にボクシングを展開した。無敗の挑戦者がレベルアップの試合に挑む時2つのことが起こる。残酷な結果を招くこととそれを乗り越えること。ドヘニーは後者を実行する能力がありました。

サウスポーの岩佐は初回にドヘニーの右頬を切り、試合を通じ左目周辺を腫れさせるなどしたが、終始パンチを出し続けたドヘニー(20勝14KO)の手数と積極性がスコアに反映されたようだ。

試合はエキサイティングとはほど遠く、クリンチも多発したが、大きな勝利を勝ち取った31歳のドヘニーにとっては大きな問題ではありません。28歳の岩佐はまだ若くやり直すチャンスはいくらでもあります。小國以載からタイトルを奪い、1度の防衛をした岩佐は25勝16KO3敗としています。

今年一番不可解なジャッジが、逆地元判定という形で日本で起きてしまった事にショックを隠せない。上記の通り試合は低調で、クリンチが多く、岩佐の左の数も精度もパッとしなかった。それでも両者の効き具合、消耗度、試合後の顔をみればわかるように、不甲斐ないけど岩佐の負けはないような内容に映りました。

ドヘニーの勝者コールの驚きをみれば、本人自身負けを自覚していたのがわかる。

しかし、岩佐やセレス会長、戦った本人たちが負けを覚悟していたようなので、TV観戦と実際は違ったのかもしれない。

岩佐
「ジャブで距離を取れなかったから、左につなぐことができなかった。距離がちょっと遠かったですね。追い詰めたところでクリンチされて…不完全燃焼ですね。
11ラウンドは効いているのはわかったけど、それもうまくごまかされましたね。(自分の攻撃も)単調だったと思います。相手のパンチ? ありましたよ。何ラウンドだったか、1回効いたときがありました。
むこうがオレの苦手なことをやってきた気がします。もっとガンガンくると思ったけど…うまかったですね。ちょっとショックですけど、これが現実です」

セレス小林会長
「打ち込んでいく勇気がない。練習ではだいぶできているけど、本番では出せない。8ラウンドから倒さないと勝てない、勝負しろと言ったけど、手数が出なかったですね」

ドヘニ
「信じられない。タフで厳しい試合になることは分かっていた。接戦だとは感じていたが、勝つだけの闘いはできたと思う。いつでも誰とでも闘う」

私も信じられない。

初回でドヘニーをカットさせ、顔もボコボコに、11ラウンドには倒すチャンスもあった。この日の岩佐は動きはイマイチでもパンチはキレていたはずなのに、手がでず勿体ない。

多くのマニアなら、山中に挑戦した頃の岩佐の方が強かったというだろう。
スピードも怖いもの知らずの思い切りのよさも大胆さもあった。
キャリアを重ね、敗北や苦戦で自信が揺らぎ、セレス会長の言う打ち込んでいく勇気が完全に失われてしまった。

岩佐
「今は『また頑張ろう』となるまで、よく考えた方がいい。一番の勝負で勝てなかった。それが実力。これだけ戦っても乗り越えられない。今後についても考えます」

という岩佐だが、岩佐戦を乗り越えて自信を増してガンガン上り詰めた山中よりも、4度の世界戦に失敗し、アキレス腱断裂で死にかけた西岡に学んで再起して欲しいと願う。西岡も日本王者時代のスピード、勢いは失われたが、信念を貫いて別の部分を進化させ、30過ぎて奇跡の2番底をみせた。左は健在だった。

まだ、28歳、本人曰くグダグダな試合でも、ドヘニーには負けてない。フィジカルが強くなった気配も感じる。

打ち込んでいく勇気がない。練習ではだいぶできているけど

即再戦でも勝てるとおもうが、この勇気を取り戻し、ここで諦めず復活して欲しいと願う。
伊藤の世界戦とまるで違う。手数も、得意パンチを打ち込んでいく勇気も、相手を怯ませ何が何でも勝つという決意も・・・

これが最後では納得がいかない。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーバンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.