スポンサーリンク



バンタム スーパーバンタム 日本

山中VSジャモエ 長谷川VSマルチネス

投稿日:

しつこく書きます。
今年に入ってこの試合だけです。ソワソワしてしまうのは。

山中VSジャモエ

山中が左で豪快ノックアウトしそうだ。
ジャモエは特別山中を意識せず全力ファイトするのみっぽい。

山中は西岡を越えるのかというくらいの左の破壊力と王道を突き進んでいますが、これはただの通過点。
これからが世界的評価、ビッグマッチへの入り口です。帝拳だから世界への道は開けている。
バンタムにカバジェロのような強豪はいてもビッグネームはいない。
バンタム最後の試合となっても不思議ではありません。

山中は鋭い左と右ジャブ、フック、フットワークでアップライトで距離を保つオーソドックスなスタイル。
パンチは強烈だがアッパーなどのミラクルなパンチはなくシンプルです。
ジャモエの肉弾戦や強引な右スイングなどに気をつければほぼKOで勝利できるだろう。
ダルチをも近づかせなかった山中ですが、乱戦には弱そうだ。
出世も遅く2分けもしてる山中は完全に皮が向けたのか、あるいはまだひ弱さが残っているのか?
ジャモエは開き直って全力ファイトしてくるだろう。
エスキベル戦に近い差があるとおもう。
キレや破壊力の違いで山中の一方的なKOとなる可能性が高い。

長谷川VSマルチネス

全盛期を過ぎた長谷川がどこまでやれるかという展望のようだが、全盛期は過ぎておらず進化しているとおもっている。
キコ・マルチネスは初回から全てを出してくる。ガンガンパンチを出して押し込んで来る。ダッキングやブロックもしっかりしておりディフェンスと攻撃が一体となっている。単調だが小さく力強くスピードもある。

切り替えなどできず初回が一番強いだろう。回を重ねても手数と圧力で押し切る試合しかできない。

ロメロもマセブラも初回を落とし、被弾し肉体、精神ともにダメージを残している。
初回が鍵だ。右スイングとロープ際のしつこい連打が要注意だ。

逆に初回を制すると状況はかなりよくなるだろう。
様子見とはいかないとおもう。それくらい相手は獰猛で全開でくる。

センスのいい長谷川だが本来アウトボクサーではないとおもう。
中間距離以下のスリリングな打ち合いの中でカウンターを当てることが最大の長所でありそれが好きなのだろう。
ハードパンチャーではないといわれつつ豪快なKOが多いのはパッキャオやバレロのようなボクシングこそ理想、自分に合っているからだろう。

だからきっと危険な打ち合いや大きなパンチを振っていくだろう。
しかしキコ・マルチネスのタフネスや圧力は相当で以前のようにバタバタ倒れるようにはいかないはずだ。
打ち勝って、倒しきって完全決着したいだろうが、そこは自身がリードしているスピードや回転力を活かした方が得策だ。

翻弄しきって12ラウンド判定勝ちというのが最も無難だが、それができる相手だろうか?しつこいマルチネス相手にフルラウンドはかなりきつい。ボコボコ殴ってダメージと疲労を蓄積させないとマルチネスはペースダウンしない。

それがうまくいけばどこかで決着つけるべく豪快なノックアウト、もしくは相手セコンドギブアップ、レフリーストップ
といった派手な結末が待っているとおもう。

粟生VSメキシコ人

久しぶりの粟生、この男こそカウンターパンチャーだが、アウトボクサーというほど長い距離が得意な訳ではない。
最近はもう前に出て打ち合って倒すスタイルに変わったが、かみ合わないとズルズル。

今日の相手は大丈夫だろうが。

リナレスと違って打たれ強いところがある粟生、ライト級はリナレスのターゲット以外だと塩職人バスケスとやばいかもしれないテレンス・クロフォード、怪我ばかりで怪しいアブリルという王者の面々。

そういうやつらと戦ってもいいといえる内容と後に続く長谷川に完璧なバトンを渡して欲しい。

あぁ、今日は仕事が手に付かない。

-バンタム, スーパーバンタム, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.