階級別 スーパーバンタム

本当の王座とニュースの本質/亀田和毅VSアビゲイル・メディナ

投稿日:

海外記事で試合の本質を読む・・・これに慣れてからはこんな事ばかりです。どちらが正解という意味ではなく、この程度なのだということです。

亀田和毅VSアビゲイル・メディナ LIVE

AbemaTVというのはスマホでアプリを入れた事はあるけどまともに観たことがないのでどうなるかわかりませんが、試してみます。メディナはヨーロッパ王者なので結構手強いとおもう。兄弟の中では一番ちゃんとし ...

続きを見る

11月12日、東京後楽園ホールで、亀田和毅はスペインのアビゲイル・メディナにユナニマス判定勝利で空位のWBC暫定スーパーバンタム級王者になった。試合は正規王者のレイ・バルガスが肩の怪我で試合から遠ざかっているためにWBCによって命じられたものです。

亀田は速いフットワークとジャブで序盤を制し、4回までフルマークでポイントを奪った。亀田が当てたパンチはメディナにはさほど効果的ではなかったが、スペインのファイターは序盤を失い続けた。彼を悩ませたのはどちらに責任があるともいえないバッティングのようだった。

「エル・メヒカニート」というニックネームを持つ亀田はメキシコで過ごしてきた過去を持ち、メキシコスタイルの打撃戦を繰り広げ、ジャッジ全員に支持された。勝利の要因は亀田のスピードだった。

メディナが1位、亀田が2位であったが、試合前からコメディの要素が目立った。試合前、メディナの濃い髭について論争があった。実際にはそれはさほど濃い髭ではなかったので、騒ぎにするほどの事ではなかったが、日本のメディアの何人かのジャーナリストはメディナの濃い髭は世界戦にふさわしくないなどと騒ぎ立てた。

両者ともにジェイミー・マクドネルに負けた過去があった。マクドネルはレベルの高いボクサーだが、今年はじめに井上尚弥に初回KOされた敗北を考慮すると、世界タイトルマッチとしてこの試合で興奮するのは難しいといえた。

この試合のもう一つの見どころは2人の兄が2階級世界王者であり、3兄の和毅もその仲間に入ったということだ。これは世界中の誰もが達成したことのない記録で、この記録は偉業だと父の亀田史郎は誇らしげだが、亀田家は特に父親からの傲慢と乱暴な態度で日本では物議を醸す評判になっている。

亀田の父親は和毅は井上尚弥に勝つことができると主張している。先月、村田諒太がロブ・ブラントに敗れて、日本では井上尚弥が最高のボクサーとしての地位を確立しました。父親が本当にそれを信じているのか、井上の名前を利用して潜在的なビッグマッチを煽っているのかはわかりません。事実は全ての面で井上尚弥が和毅の上をいくレベルであるということです。WBSSが終われば、その戦いはビッグマネーファイトになるだろう。井上が勝利する可能性が高く、ファンも井上につくだろう。和毅自身は、井上とはいつか戦いたいと試合後に語った。

世界王座獲得
兄弟3人で複数階級制覇
欲しかった緑のベルト
4冠統一を目標に

こんな提灯記事や美談ばかり目立つ日本のメディアだが、暫定王座であり王者はレイ・バルガスである。日本の記事、海外記事、どちらを好んでも自由だが、メディアというのは庶民を意図的にミスリードする。その事実だけは気をつけたい。

かつて西岡利晃、ノニト・ドネア、長谷川穂積、レイ・バルガス

必ずしも前王者に勝って奪ってきた、変遷してきたベルトではないが、亀田が獲ったベルトはかつて西岡がナパーポンに勝って巻いた暫定ベルトと同じ。西岡がここから7度防衛し、暫定から正規に昇格し、ドネアに向かっていったように、これは言わばレイ・バルガスへの挑戦権のようなもので、全てはここからがスタートなのである。

日本にはスーパーバンタム級のランカーがたくさんいる

亀田
岩佐
小國
和氣
大森
勅使河原

これだけいても井上尚弥やアイザック・ドッグボーとの試合が観たいと言わせる選手はいない。国内で凌ぎを削って、自信をもって送り出せるランカーだけが、本当の世界王座に挑んで欲しいと願う。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーバンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.