階級別 スーパーバンタム

レイ・ジョバンニ・バルガス・ロルダン(レイ・バルガス)の本領

投稿日:

年始は話題に乏しいので「ボクシング動画配信局認定王者」なんかで遊んでみたが

ボクシング動画配信局認定王者

目ぼしい話題がないのでお遊び。昨年のリングマガジン 2018アワードなどを確認の意味で復活させてみたりしたが、ビッグマッチであろうがなかろうが、全てを振り返ると違う気がする。だが記憶を辿るだけでは不鮮 ...

続きを見る

井上拓真を入れて亀田を入れてないのはダメだ的な指摘を受けたので入れておきました。

亀田だけは認めないなんて露骨なディすり方は駄目でしょう

別にディスってないです、それなりに評価してるつもりです。
参考サイトのランキングに載っていなかった、頭の中でも抜け落ちていただけであります。

亀田和毅VSアビゲイル・メディナ LIVE

AbemaTVというのはスマホでアプリを入れた事はあるけどまともに観たことがないのでどうなるかわかりませんが、試してみます。メディナはヨーロッパ王者なので結構手強いとおもう。兄弟の中では一番ちゃんとし ...

続きを見る

彼は兄弟の中では一番いい。和氣や久我よりいいとおもうと言ったら観戦仲間に呆れられたくらい評価してますよってに・・・

この記事の本題はそこではなく、おっしゃるように、井上拓真も亀田和毅も本来であれば入れるべきではないのかもしれません。正規王者戦が控えてますし(ウバーリVSウォーレン・・・これはまた延期か)レイ・バルガスに至っては今年最初の試合が決まりました。

ウバーリVSウォーレンの勝者VS井上拓真
レイ・バルガスVS亀田和毅

の結果を受けて、ランキングに反映すべきですね。

2月9日
レイ・バルガスVSフランクリン・マンサニーリャ

マレスVSデービスと同日、アンダーカードでしょうか。

なぜ、暫定王者となった亀田和毅と対戦しないのかわからないレイ・バルガスですが、相手は元王者のフリオ・セハを番狂わせで破ったベネズエラの30歳です。

フランクリン・マンサニーリャ
18勝17KO4敗

その極端な戦績が気になったのでチェックしてみました。

これはKO勝利というよりは2ラウンドにセハが鼻を骨折し出血に悩まされ5回終了棄権という結末です。セハもウーゴ・ルイスも未来に鼻の骨折に泣くとは運命の非情・・・

マンサニーリャという選手は、戦績通りにパンチは強そうで骨格もいいですが、スピードはなくやや大振りか、いままで雑魚相手ばかりで、少し戦績のいい選手と対戦すると惜敗してきたようなキャリアです。

試合よりもゲストのリカルド・ロペスが元気そうなのが印象的です。

レイ・バルガス、日本の清水ばりに長身でパワーもある厄介な王者ですが、イマイチ突き抜けません。デカすぎるので、必ず小柄になる対戦相手の作戦は皆同じ、ガードを固めて距離を詰めてプレスする肉弾ファイトしか活路がありませんが、それをどうにかこうにか捌いてはきたものの、荒っぽさに巻き込まれ判定がやっと。自身も試合の度に怪我をするという内容ばかりです。

レイ・バルガス ハイライト

なので、究極の小型ファイター、ドッグボーを破ったナバレッテを「ボクシング動画配信局認定王者」に評価させていただきましたが、本来であればこのレイ・バルガスの底力に期待したいところです。亀田はスピード型なので少し違った展開になるかもですが、対立王者のダニー・ローマンなんかを下せば再評価されるんではないかなとおもいます。

今回の対戦相手であるマンサニーリャという選手は、パワーはあるが小さなファイターではなくスピードもないので比較的噛み合うだろう。ここでまた大苦戦するようだとこの階級はもう厳しいかもしれません。減量より増量がふさわしい選手です。

しぶとく王者を張ってはいますが、これぞ、ラファマルやモンティエル、ジョニゴンの次世代のメキシカン、ナチョ・ベリスタインの傑作と言われた頃に比べるとやけに地味な存在に甘んじています。

長谷川穂積の後継王者、レイ・バルガスはどこを目指しどこまで行くでしょうか。

本来であれば、レオ・サンタクルスやアブナー・マレスなんかより重い階級で活躍すべきボクサーにみえて仕方ありません。

「レイ・ジョバンニ・バルガス・ロルダンの本領」って「ジェネラル・ルージュの凱旋」みたいだな。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース
  • 亀田和毅2階級制覇に意欲「4団体王者誰でもいい」
    元WBOバンタム級王者の亀田和毅(26=協栄)が、ダニエル・ノリエガ(32=メキシコ)との世界前哨戦の完勝から一夜明けた6日、都内の協栄ジム ...
  • 亀田和毅 - Wikipedia
    亀田 和毅(かめだ ともき、1991年 7月12日 - )は、日本の男性 プロボクサー。 大阪府 大阪市 西成区 天下茶屋出身。 元wbo世界バンタム級王者。 現wbc世界スーパーバンタム級暫定王者。 協栄ボクシングジム所属。日本人選手として初めてwbo世界王者となった 。 ...
  • ボクシング記事一覧リンク集 | 俺が出版とかマジ無理じゃね?
    最近の記事 「何か違う」「ちょっと嫌だな」という肌感覚、直感はそこそこ信頼できるよねって話。zozo townの1億円バラマキ企画で思ったこと
  • アレクサンデル・ムニョス - Wikipedia
    アレクサンデル・ムニョス(Alexander Muñoz、男性、1979年 2月8日 - )は、ベネズエラ出身のプロボクサー。 元WBA世界スーパーフライ級王者。 アマチュア時代には172戦163勝129KOという驚異的な戦績を誇り、1998年にプロデビュー。
  • Frentopia公式ブログ | 08/04
    「ボクシング記事一覧リンク集」へ戻る 2017年8月1日、wbaは同世界フライ級王者井岡一翔と、ランキング1位のアルテム・ダラキアンに指名試合の交渉を命じたと発表した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーバンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.