階級別 スーパーバンタム

レイ・バルガスVSフランクリン・マンサニーリャ LIVE

投稿日:

暫定王者に亀3がいるが、実は12月には怪我が完治していたというバルガス。大きく、パワーもあり、コンビネーションの回転も鋭いバルガスは強いとおもうが、最近の冴えない試合で評価はイマイチ。今回バルガスここにありをアピールできるか、相手はフリオ・セハに負傷TKOで勝ったKO率高いマンサリーニャ。珍しく、背が高い同士の対戦です。亀3はバルガス視察に行くというが実現するのか。

123456789101112R
バルガス
10
8
9
10
10
10
9
10
9
10
10
9
114
マンサニーリャ
9
10
10
9
9
9
9
8
10
9
9
10
111

マンサリーニャは長身の強打者なので
久々にKO勝負が観たい。

1R

マンサニーリャが長身といっても
バルガスの方がさらにデカい。

遠距離から一気に踏み込んで
コンビネーションを打ち合う両者。

マンサニーリャもいいコンディションだが
バルガスのボディが有効

バルガスは真っすぐ下がるんだが

バルガス10-9

2R

マンサニーリャは猫背で首の締まりは好都合。
いい踏み込みから素晴らしい打ち合いを展開し
左フックカウンターでバルガスグニャリとダウン
これは効いた。

もう足腰が言うことを利かない。
マンサリーニャ大チャンス。
次で決めろ

マンサリーニャ10-8

このダウンシーンはなかなかのカタルシス。

3R

マンサリーニャはここで仕留めないと
バルガスが立て直してきそう。
バルガスもまだ上半身、気持ちは元気だ。

マンサリーニャはしつこくいくことだ。
ワンツーくらいだと真っすぐ下がって対処される。

バルガスを倒すにはこれしかないという左フックだった。
仕留めるパンチもこれしかない。

強振と迫力で誤魔化したバルガスだが
まだ効いておりヒヤヒヤ

マンサリーニャ10-9

4R

完全にマンサリーニャ応援な気持ち。

ごまかされるかもう一発ぶちかますか。

今度はバルガスの左ボディからの左フックで
マンサリーニャが効かされた。

足に不安はあるがバルガスが回復してしまったかな。
あれで倒れないマンサリーニャもタフだが。

バルガス10-9

5R

同じ左フックを当てたいマンサリーニャだが
やや警戒されている。

攻めるマンサリーニャにバルガスの右が当たり
マンサリーニャダウンかな。押し倒しかな

バルガスの怒りの逆襲の迫力が上回る。
この人は強振威嚇系なのだ。

押し倒しにみえたので

バルガス10-9

6R

マンサリーニャは2回と同じパンチを当てないと
少しづつ差をつけられるだろう。
なんとか当てようと踏み込んで打っていくが
いつものバルガス、大きく下がって対処する。

マンサリーニャ、もう少ししつこくコンビネーションの数を増やしたい。
コーナーに詰めたい。リング中央だとバルガスは下がる。

迫力で

バルガス10-9

7R

いつもと同じ
マンサリーニャの強引な接近戦に
バルガスはタジタジ、バッティングで眉間をカット
マンサリーニャにバッティングで減点

でもマンサリーニャこれでいい。
結局バルガスはいつもと同じバルガスになった。
長身選手故の課題

9-9

8R

マンサリーニャとしてはもう一度左フックで効かせて
倒すしかないだろう。

バルガスは逃げ切るのか打ち負かすのか

マンサリーニャも長身のボクサーパンチャーであり
接近戦が上手くない。

ブレイク中にマンサリーニャがバルガスにパンチを出し減点。
マンサリーニャは破れかぶれに行く

バルガス10-8

9R

逃げるバルガスにマンサリーニャが襲い掛かるも
すんでの所でヒットしない。

突っ込んでくるマンサリーニャを捌くのに精いっぱいなバルガス
と雑に攻めるマンサリーニャ。

バルガスのカットにドクターチェック
バルガスの逃げ切りが濃厚か。

もう打たれる前から左をスリッピングしている。
マンサリーニャは倒すのみのアタック

もっと来いと誘うバルガスだが疲労困ぱい

マンサリーニャ10-9

10R

顔面だけならマンサリーニャに余力がありそうだ。
しかし倒すしかないだろう。

マンサリーニャも普段は距離をとるファイターなのだろう。
接近アタックが続かない。

やや膠着した静かなラウンドに終始

バルガス10-9

11R

序盤はいい押し込みをみせるも続かないマンサリーニャ
もう決めに行くラウンドだ。

迎え撃つだけのバルガスだが、パンチの見栄えはいい。
バルガスのいいカウンターが入るもきっとやや逃げ腰の手打ちなのだ。
いつも同じ展開に苦労する。

バルガス10-9

12R

マンサリーニャにはKOしかない。
バルガスは必死に生き延びる。

倒しにくるマンサリーニャに逃げ腰でいいパンチを当てるのは
バルガスだが、闘志を買って最後は

マンサリーニャ10-9
実際は逆だろう。

バルガスはいつも相手の強襲を捌くのにアップアップ。
なんとか迫力ある攻撃で要所を締めて判定勝ちというパターンばかりだ。

亀3との試合はいつもと違う趣になるだろう。
亀3には他の挑戦者ほどのパワーも圧力もない。
代わりにスピードと見栄えのよさがある。

バルガスが効いたり倒されることはないだろう。

亀3のスピードが上回るのか、バルガスの迫力が勝るのか
迫力いうてもいつも判定だが・・・

マンサリーニャは惜しかった。
が総合力で超えられなかった。
とおもう。

117-108×3
バルガス

ボンタさんに移動する。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーバンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.