スポンサーリンク



階級別 バンタム スーパーバンタム 日本

長谷川VSルイス 山中VSモレノ

更新日:

今日はいくらかかろうが、仕事を休もうが、生で観戦された方が羨ましいです。
ネット断ちして山中の試合をみたら寝て、深夜録画の長谷川戦を見ようとおもってましたが、山中の勝利後に長谷川が祝福のリングインをしていた姿で勝利を確認できちゃいました。
山中自身も長谷川を祝福するコメントをしていましたし・・・

そしてダイジェストではありますが、長谷川の試合も流してくれました。
また、深夜に起きてフルラウンドみたいとおもいます。

以下、書き殴っておきます。
また書くとおもうけど。

山中VSモレノ

山中VSモレノ

https://youtu.be/BiApHiDSamw

両者再戦で手の内がわかっており、決着戦とのことで積極的だしやや距離が近く踏み込みも鋭い。
事前コメント通りにモレノが攻めてきたが初回最後に山中が左でダウンを奪う。

この左は一度肩に当たったものをねじ込んだだけで、あれで倒すんだからすごいし、モレノに深刻なダメージはないようにみえたが。

その後はお互い高度なフェイントを交えつつ、一撃で仕留めるようなタイミングのパンチをバシバシ交換していて痺れた。
山中のジャブやおもいきりのいい左も前戦より効果的だが、モレノの右フックがそれを上回っていた。

飯田の解説が実に的確で、山中のうち終わりや相打ち気味のモレノの右フックのタイミングがやばく4ラウンドには山中完璧なタイミングで痛恨のダウン。その後も同様のパンチを狙い撃ちされて5ラウンドもダウンに等しいのを食らった。

これがもっとハードヒッターだったら本当にやばかった。よくダウンする山中だが、いつも痛恨のダメージにまで及ばないところが救いだ。自身にもパンチがあり逆に負けん気が強くなるのでピンチの後にチャンスが多くなる典型だ。

続く6回のさらなる逆転の完璧な左
これで勝負あった。
モレノがこんなにクリーンなダウンをしたことは今まで一度もなかったし。

根性と柔軟さでこれを凌いだモレノだが、これで山中の左を畏怖しもう守り切れなくなった。
決着の7回も同じような左で倒され、再開したもののジエンド。ダメージもさることながら心が折れた完全決着といえた。

個人的には5回まではモレノ
山中の左よりモレノの右フックが上回っていたし細かな攻防も上に感じた。
それでも4回のダウン、5回のチャンスにモレノが攻めきれなかったのは山中の左が強かったからだろう。
モレノをクリーンに倒す左は本当に驚異的なパンチといっていい。再戦で精度を上げたのもエライ。

しかし、不器用なところ、ダメな点も目立った。
6回の会心のダウン後の仕留めが鈍い。三浦にもそういうところがあるが、細かなコンビネーションとか畳みかけができず、大振りで左の狙い撃ちばかり。
後はやはりダウン奪取後にコーナーまで下がってない。打ち気にはやり、すぐ再開したいのだろう、あれはルール違反だ。

モレノの右フック狙いにも何度もひっかかっており、同じ手にやられるパターンが目立った。

課題も良いところも全て出た今日の山中、でもこれが彼のベストだろう。
両者のコンディション、戦略、意思、全てが最上級で最高レベルの試合といえた。
打たれ脆さはあるが、ソリス戦での劣化の不安は払しょくされたといってよい。
今後、誰と戦い、どこを目指すのかわからないが、山中こそが相手を選べば具志堅の記録を抜くことになるだろう。
パンチ力はバンタムで一番、どんなに研究されても右ジャブと左しか武器がないが、それを信じて突き詰めていくほうがいい。

モレノ

「非常にパワフル。ハードパンチャーそのもの」

長谷川VSルイス

長谷川ルイス

これはダイジェストだったので、全ラウンドを見直してまた書こうとおもう。
ルイスは規格外に大きく、筋肉質でもあり、とてもSバンタムの選手にみえないが、初回のバッティングが尾を引く形になった。
以外と慎重で逆に長谷川が伸び伸びスピーディーに戦えていたのがよかった。

その後、ポイントはルイスについていたが、長谷川自身の動きはよく判定なら勝てるボクシングをしていた。
9回、ルイスの左アッパーで長谷川がグラつき、そこから打ち合いに突入したが、この打ち合いで長谷川の回転力と正確性が大いに上回り
チャンスと攻めるルイスを逆にボコボコにしてしまった。

10回、ルイスの棄権で試合は唐突に終わったが、初回に傷ついたあたりを基点に顔面が崩壊、血まみれだったので恐らく鼻を骨折したのではないだろうか?和氣の顔面崩壊がバッティングからはじまったようにルイスの棄権も初回にあったのだろう。

ポイントでもすでに長谷川が逆転していたので、完全勝利といえる。

この偉大な勝利で引退などする必要はなくなった。
強い王者かは未知数だが、立派にセハを倒して王者となったパンチャー、ルイスを上回るパフォーマンスに王者としてなんの曇りもない。

次があるのか燃え尽きるのかは本人次第だが、今はじっくり休んで勝利の味に浸って欲しい。
動きもパワーもベテランの味も出し、バンタムから上げてからもっとも心技体充実した長谷川であった。これが個人的には実質本当の日本人初の3階級制覇だとおもう。八重樫もたぶんどこかで泣いただろう。内山も震えたはず。

挑戦者の指定席にはメキシコの大型ホープ、レイ・バルガスが控えてはいるが、案外ルイスと似たスタイルなので攻略は十分可能だし、今日の長谷川なら問題ない。

やはり、実績も経験も実力も、そこらの日本人ホープとは今でも訳が違うことを立派に証明してみせた。

ルイスの声は今は探せず・・・
鼻を折ったとおもうが・・・

内山や三浦がベルトを失い、長谷川がまた復活、こんなの誰が予想できただろう。
最高の結果となった夜、これぞリアルボクシング、放映後もしばらくは硬直して動けなかったほど痺れた。

みてたか、○岡、エストラーダの返上を交渉と称して提案したのはどこのどいつだ?
やる気満々の発言してていきなり返上なんて不自然だ。またしても積んだか?

とりあえず寝ます。
深夜2時過ぎにまた・・・

-階級別, バンタム, スーパーバンタム, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.