階級別 バンタム スーパーバンタム ライト プロスペクト

たしかなこと/テビン・ヘイニー、ライアン・ガルシアなど

投稿日:

やはり今月は28日のエロール・スペンスJrVSショーン・ポーターまで燃える試合はないかな、ダニエル・ローマンも怪我をしてしまったし・・・しかしチェックしておきたい試合はある。見どころは人それぞれ。

デビン・ヘイニーVSザウル・アブドゥラエフ

驚愕のセンセーション、出でよ第二のモンスター/テビン・ヘイニーVSザウアー・アブドゥラエフ

9月13日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われるWBCのタイトルエリミネーター、ゴールドとかなんちゃら王座がかかるのかもしれない。勝者はロマチェンコVSキャンベルの勝者、王者に挑む権 ...

今のところ品行方正で、怪物的なパワーも感じさせずディフェンスケアに余念がなく、ロマチェンコとの闘いも辞さないヘイニーの実力をチェックしたい。この試合は日本時間で14日の土曜日なのだろうか、なんだかわけのわからないYoutuber対決のエキシビジョンがメインなのかな。時代は変わった。

ロシアを出ていないアブドゥラエフ自身、結構な実力者にみえるので、これを簡単に攻略するならヘイニーの実力は本物だろう。アブドゥラエフは技術だけで対抗しようとせず、若いヘイニーを潰すようなタフファイトに出た方がいいだろう。(こっちを応援している。)ダニエル・ジェイコブスを破ったドミトリー・ピログの再来を期待する声もある。

ゲルボンタ・デービスやテオフィモ・ロペスに感じる怪物じみたパワーではなくあくまで打たれないことをテーマに置くやや退屈ともいえるヘイニーのスタイルだが、これが普通だろう。

ライアン・ガルシアVSエイブリー・スパロウ

かつては伊藤雅雪の指名挑戦者の位置にいたライアン・ガルシアだが、何もアピールすることもなく増量で消えた。増量といってもライト級なのかさらに上なのかは不明。

カネロ、オスカー・バルデス、最近ではルイス・ネリーが訓練を受けるエディ・レイノソのところに行くとこうなる。カルロス・モラレス戦で負けそうになりトーンダウンしたライアン・ガルシアのサイバーパワーだけチェックしておきたい。

誰に対しても挑発していたし王者になる事を宿命づけられたエリートアイドルだろうが、誰に向かうのだろうか。噂されたロメロ・デュノとの対戦も実現せず、エイブリー・スパローという無名選手を選んだ点でスパローを応援する。しかしこのムキムキと高身長ではライト級でも厳しいのではないだろうか。

エマヌエル・ナバレッテVSファン・ミゲル・エロルデ

勢いにのる怪物候補のナバレッテが1カ月の休息もとらずに連戦。相手は伝説の孫。

ゴッドグランドファーザー/ファン・ミゲル・エロルデ

1カ月の休養もとらず、8月、9月と連戦に出る怪物王者候補のエマニュエル・ナバレッテ。対戦相手は厳選したのかそれとも見込み違いか、32歳と高齢だがその血筋は確かなボクシングのゴッドファミリーだ。メキシコ ...

フィリピン人というのはアップセットを起こす貫通力があるが、エロルデにはそういう決意とパワーがあるだろうか。おじいさんほどのエネルギーはないのか。

ナバレッテに勝つにはガツンと効かせて意識を刈り取りノックアウトするしかないとおもう。数字上はエロルデの方が背が高いことになるが果たして・・・

カルロス・クアドラスVSホセ・マリア・カルデナス

この試合はなくなったのかな、クアドラスはスーパーフライ級ではロマゴンやエストラーダにも肉薄した実力で、フィジカルでは上回っているくらいだったが、ヤク中のリハビリを受けてどう再生したのか。

31歳、バンタム級では脅威ではないという声とクアドラスは大変なパンチャーという声があり、試合で確かめたいけどもう再浮上はないか。メキシコのホープは一人でいいのでルイス・ネリーとサバイバルして欲しい。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム, スーパーバンタム, ライト, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.