階級別 バンタム スーパーバンタム スーパーフェザー スーパーミドル ヘビー

胸騒ぎの週末/デオンティ・ワイルダーVSルイス・オルティス再戦 他カード

投稿日:

週末、世界ではここで書ききれないほど注目の試合があったりします。アラブではムハマド・ワシームVSガニガン・ロペスなどもありました。

せめてここでは有名どころの展望を・・・

デオンティ・ワイルダーVSルイス・オルティス再戦

デオンティ・ワイルダーVSルイス・オルティス LIVE

今日はケツがあるので見届けられるかわかりませんが、おっさんの強さを信じて。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow pukubox

ワイルダーもジョシュアも本来の力を出せば再戦で勝てるとおもっているが、彼らはもう技術的な練習よりひたすら走り、無尽蔵のスタミナをつけた方がいいのではないか。破壊的なパワーを持つ反面、スタミナ消耗でエネルギーロス、動きが落ちる度合いが激しい。

DAZNとの巨額契約やWBCのフランチャイズ王者を拒否、オルティスとの再戦を逃げないワイルダーの態度を見直しているが、彼も既に34歳でいつ陥落してもおかしくない。

スキルではオルティスが勝るとおもうが、本当は45歳、50歳なんじゃないかといわれているオルティスにキレキレの動きが見られないようならワイルダーの右が炸裂して再びのKO決着か。

しかしやっぱりキューバ初、サウスポーのヘビー級王者、オルティスの戴冠に期待し応援する。キャリア最後のチャンスに賭ける。

エマニュエル・ロドリゲスVSルイス・ネリー

ルイス・ネリーVSエマニュエル・ロドリゲス 勝つのはどっちだ?

毎日なんとなく更新はしていても、11月7日、WBSSの決勝が終わって以来、何かが欠落、虚脱している。多くのファンのように試合を繰り返し何度も観たり、後日談を観たり知る気にもならない。 この記事が気に入 ...

ロドリゲスの正統派で美しいボクシングに期待しつつも、怪物性を秘めたネリーを軽視できないという気持ちが現れたアンケート結果。それでも本場より日本はロドリゲス寄りだろう。

マニーは少し遅いと言うネリーだが、ネリーの方が遅く大振りなので、ロドリゲスのコンパクトなコンビネーション、カウンター、井上戦の反省を踏まえたディフェンス、総合力が上回ると信じて見届けたい。パヤノは脇が甘いので出来なかったが、脇を絞り、インサイドに突き刺すロドリゲスのパンチは当たるとおもう。

井岡VSパリクテのように後半になればロドリゲスの緻密さが上回る?

アンドリュー・カンシオVSレネ・アルバラード

人生のドラマ/アンドリュー・カンシオVSレネ・アルバラード

WBAスーパーフェザー級王者のカンシオ(21勝16KO4敗2分)はたたき上げの雑草だ。今もガス会社でブルーカラーワーカーをしている。敗北、挫折、活動休止から復活して将来有望な無敗王者、アルベルト・マチ ...

叩き上げ同士の渋い世界戦。共にしぶとい。ただでは負けない。カンシオの事をあまり知らなかったがかなり強打者だ。ブランクを経てボディワーク、ヘッドムーブ、コンビネーション、ボディ打ちなど新しい技術を進化させ、強くなったんだろうとおもう。マチャド戦の勝ちっぷりをみるとジェスリル・コラレスにも勝てるだろう。カンシオを推す。

アンダーには中国の徐VSロブレスⅢ、無敗のウェルター級、ラシディ・エリスらが登場。

ブランドン・フェゲロアVSフリオ・セハ

独特のセンスとシュール/スーパー・フィゲロア・ブラザーズ

昨日のPBCの興行はなかなか面白かったですが、今週行われるTJドヘニーVS高橋竜平の事やリコンドーの復活をみつつ、彼らも同じ階級だよなぁとボンヤリ観戦したのが、ブランドン・フィゲロアVSモイセス・フロ ...

フェゲロアは既に世界王者なのだろうか。セハはリゴンドーといい試合をしたからこのチャンスを得たのか、決して落ち目ではない。実はエマニュエル・ナバレッテ一強、そこにムロジョン・アフマダリエフが絡んできそうなスーパーバンタム級にもう一人規格外の選手がいるとしたらフェゲロアかもしれない。その他は少し小粒な印象だ。兄より弟が本命だった?フェゲロア推し

カラム・スミスVSジョン・ライダー

ジャイキリなんて言わせない/京口紘人VS久田哲也、カラム・スミスVSジョン・ライダー

本日、TV中継はないそうだが、ネット配信ならあるそうだ。京口の試合は前回もこんな感じだった。何かのアンダーくらいでないとなかなか放映は厳しそうだ。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツ ...

スーパーミドル級ナンバーワン評価を下すにはまだ早いスミス、元から評価高く最近の勝ちっぷりは素晴らしいがホルツケン戦の出来など信用に足りない部分がある。細身の長身なので耐久力に疑問が残る。ライダーは4敗している叩き上げだが、バイクに乗っているのだろうか、それが気になる。サウスポーのカネロのごとく重厚で最近いい勝ち方をしているだけに、距離を克服できれば手ごわい相手だ。かなりの身長差。

”ライダーは4敗している叩き上げだが、バイクに乗っているのだろうか、それが気になる。” Click To Tweet

私がスポンサーならライダーが勝ったらバイクをプレゼントしよう。

レオ・サンタ・クルスVSミゲル・フローレス

逃げて逃げて逃げまくれ!/レオ・サンタ・クルス

ゲイリー・ラッセルJrの挑発的なビデオに対してもレオ・サンタ・クルスは動じない、いや益々WBC王者から逃げることに決めた。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter ...

これはもうアンダードッグのフローレスの奮闘、アップセットに期待するしかないが、サンタ・クルスの前戦、ラファエル・リベラの再現がいいところか。パンチャーでない相手に対するサンタ・クルスのブロックは固い。判定までは粘るとおもうが勝つまでは・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム, スーパーバンタム, スーパーフェザー, スーパーミドル, ヘビー

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.