階級別 スーパーバンタム スーパーフェザー ヘビー

デオンティ・ワイルダーVSルイス・オルティス 再戦 LIVE 他

投稿日:

本音はチクショー、一番楽しみにしていたカードを潰しやがってですが、その他カードで楽しもう。オルティスを2度も引き受けるワイルダーは今やヘビー級の主役、オルティスもさすがにラストチャンスだろう。

大味な試合になればワイルダー、技術、頭脳的な戦いになればオルティスか。

123456R
ワイルダー
9
9
9
9
9
9
54
オルティス
10
10
10
10
10
10
60

カンシオと被った。こっちを優先させていただく。

ワイルダーはデカいけど本当に細いな。
食ったら効くだろうがよくやってきたなぁ。

1R

右を狙うムード満点のワイルダー
ムードだけで実際フェイント仕掛けて手を出していったのはオルティス

オルティス10-9

2R

わかっていたことだが互いに一発で決めようとしているので
お見合いが多くパンチの交換は少ない。

オルティスも今回はかなり慎重だ。
出来はいいのでは。

少し仕掛ける

オルティス10-9

3R

今日はオルティスにムードがあるなぁ。
ガーっと仕掛ける時が来れば墜とせるぁもしれない。
ワイルダーはいつにも増して一発狙い。

常にワイルダーは右を狙っているが
心理的にプレッシャーをかけ、のんでいるのはオルティス

オルティス10-9

4R

当たってないか浅くあたってるか、オルティスの右フック、左ボディが威圧する。
顔をみてもワイルダーが怯えているようにみえる。

ワイルダーはポイントは捨てている。完全に右でノックアウト狙い。
が、後半少し攻めた。

オルティス10-9

5R

やっとワイルダーにもジャブや自然な動きが出てくるようになったが
ペース、プレッシャーはまだオルティスの方が効いている
そろそろ動きがありそうだ。

オルティス10-9

6R

互いのジャブが軽く当たるだけで湧く。
その他は警戒しすぎて動きはないが、積極的に仕掛けるのはオルティス
採点など意味がないかもしれない。

オルティス10-9

7R

ワイルダーの右の打ち終わりにオルティスの左カウンター
惜しくも当たらずだが当たったら終わりだったろう。

ワイルダーが右を増やしてきたが、それにオルティスが合わせて
打ちこんでいくとワイルダーの方が怯む。

完全にオルティスが試合を掌握、ペースを掴んだようにみえたところに
ワイルダーの右一閃

オルティスはひっくり返ってダウン。
カウントギリギリで立ち上がるもレフリーがストップ。

完璧な右一発逆転でワイルダー。

パーフェクトにオルティスペースだったが、一発だけで逆転。
これがワイルダー。
ポイントなんて全く気にしない。

”42勝41KOポイントなんて必要ねぇ。それがワイルダーという男、” Click To Tweet

レオ・サンタ・クルスVSミゲル・フローレス

今日は長いよ、全然興奮しないがサンタさんは高いギャラをもらうのかな。フローレスを全力で応援するが、フェザー級のランカーだし善戦がせいぜいか。今までの相手と違い、サンタクルスより背が高いのが希望。カンシオと同じ日にやるのは意図があるんだろうな。徐の試合と被るが、徐は戦績的にはアンダードッグかな。

ブロックの固いサンタクルスはいつものようにフローレスの攻撃をやり過ごしてから打ち返す。しかしスロースタート気味でパワーもないから差のない初回。
いつものサンタクルスの試合だ。ほぼ互角だがガードの固さとほんのわずかな正確性で若干有利か。フローレスに一発がないのが惜しいが想定内。

これはワイルダー戦のKO決着前の静けさか、徐もサンタ・クルスの試合も似たムード。2試合同時観戦でどっちにも集中しきれていないけど・・・そんなに差のない両者だが、フローレスにパワーがなく下がっているしクリンチするので厳しいだろう。

たぶん安定のサンタクルス大差なのだろうが、実際の差はごくわずか。フローレスが一発でもいいのを当てれば流れが変わるのだが困難だ。今日のフリオ・セハの方が強力だったのでは?

サンタクルス、名前はあるのにこの内容ではさすがにもう信用を失うのでは?僅差を分けるならサンタクルスだろうが、ダメージも内容もほぼほぼ互角の凡戦といえた。これがスーパーフェザー級のテストマッチならまだしも、巡り巡って内山のスーパー王座獲得とは・・・

115-112
117-110
117-110

サンタ・クルス

”不謹慎だが、いかに体格差、キャリア差があろうと井上尚弥が確実に勝てる4階級制覇のスーパーフェザー級王者だとおもう” Click To Tweet

「ラッセルかジェルボンタとやりたい!」

そうですか。

ブランドン・フェゲロアVSフリオ・セハ

セハを応援できないよね。
フィゲロアは打ち合うので、いつもより重いだろうセハのパンチやプレスがきつそうだが、スイッチを駆使して執拗にボディを狙い撃ち。その作戦はいいとおもうが、自身も被弾している。セハも強豪と戦ってきたキャリアがあるので、打ち合いは臨むところで互いに危なかしい打ち合いに終始。フィゲロアのパンチをボコボコ食ってもあまり効かない様子。

フィゲロアが意地をみせガンガン飛ばすがセハは頑丈だ。体重超過がなければ倒れておかしくないだろうとおもってしまう。しかしセハに余力があるのが危険だ。フィゲロアの一発が軽くなってしまっている。試合を作り、リードしているのはフィゲロアだが、セハが頑丈。ネリーVSロドリゲスも実現してたらこうなっていただろうな不気味な展開です。

フィゲロアは打たれているのに構わず前に出る。フィゲロアファミリーっぽいがヒットは明らかにセハで危険な展開だ。セハ、明らかに体重効果があるだろ、効かない。肉を切らせて骨を断つ両者、セハが明らかにいつもよりタフだ。今日のセハはフィゲロアのパンチでは倒れないだろう。

すごい激戦、接戦ですよ、しかしセハがゾンビなのですよ、セハの体重超過がなければいい試合なんだが、フィゲロアが心配になる。

115-113
112-116
114-114

ドロー

これはフィゲロアかわいそう。明らかな体重差からくる、その他の要素も含めてセハがゾンビモードだった。フィゲロアは若さと積極的なスタイルで最後まで勇敢だったが、まだ若いのにとてつもない経験とダメージを負った。

セハにも努力やストーリーはあるんだろうが。こんなに打たれ強い選手じゃなかったはず。フィゲロアが若くて耐久力があるので無事だったが、事故が怖いファイトだった。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーバンタム, スーパーフェザー, ヘビー

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.