階級別 スーパーバンタム フェザー レジェンド

型破りのやせっぽち/セレスティーノ(ぺレンチン)カバジェロ

投稿日:

Mi ultimo round=マイラストラウンド、それは勝利のためのラウンドです。ライバルに打ち勝たなければならないラウンドです。ボクサーが輝かなければいけないラウンドです。

セレスティーノ(ぺレンチン)カバジェロ(Celestino Caballero Martinez、1976年6月21日 - )は、パナマの元プロボクサー。コロン出身。元WBA・IBF世界スーパーバンタム級スーパー王者。元WBA世界フェザー級王者。長身で、その長いリーチを存分に活かしたアウトボクサー。オーソドックスだがサウスポーにスイッチすることも可能な器用さも兼ね備えている。

スーパーバンタム級、フェザー級で180センチという長身と独特の柔軟性、強打で世界を席巻したセレスティーノ・カバジェロは2014年11月、網膜剥離で16年の現役生活にピリオドをうった。38歳、潮時だった。

2016年3月10日、コカイン10kgを不法所持していたとしてパナマで逮捕され、2018年2月には再びコカインの不法所持で懲役5年を宣告された。しかし3か月後、功績が認められ、地域社会への貢献を条件に釈放された。

その後、カバジェロは2000年以降、流れ星のように走り去った彼の真実を出版という形で公表した。「Mi ultimo round=マイラストラウンド」というタイトルの本には、彼自身の「勝利」に対する考えや「意識を高める」ことについて書かれている。

「Mi ultimo round=マイラストラウンド」は自叙伝であり、コカインの不法所持で逮捕された事件についても詳細に振り返っている。

カバジェロ
「私と私の身の回りで何が起きたのか、真実を伝えるべきだとおもいました。」

続きはこちら

型破りのやせっぽち/セレスティーノ(ぺレンチン)カバジェロ | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち
型破りのやせっぽち/セレスティーノ(ぺレンチン)カバジェロ | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち

Mi ultimo round=マイラストラウンド、それは勝利のためのラウンドです。ライバルに打ち勝たなければならないラウンドです。ボクサーが輝かなければいけないラウンドです。 セレスティーノ(ぺレン ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーバンタム, フェザー, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.