階級別 スーパーバンタム

貧乏くじ引くは善人のみ/レイ・バルガスVSエマニュエル・ロドリゲス

投稿日:

今週末はデオンティ・ワイルダーVSタイソン・フューリー2というビッグカードだが、何も書く気が起きない。42勝41KO、ポイント無視の史上最強のKOパンチャーとしてのスタイルに特化しつつあるワイルダーにスーパーヘビー級のダンサー、フューリー

初戦のようなダウンを回避し12ラウンド乗り切ればフューリーの判定勝利もありそうだ。より注意深く慎重に戦うのだろうか。初戦の最後のダウンは私がレフリーならノーカウントでストップだ。あれで続行ならルイス・オルティスも続行だ。打たれ脆そうなワイルダーだが、フューリーのパンチでKOされる気はしない。初戦と違う展開なら楽しめるかな。

それよりも、こっちの話題。

悲運ロドリゲス、4月にSバンタム級で世界挑戦か 母国紙報道「ここ数日間が重大」 | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト
悲運ロドリゲス、4月にSバンタム級で世界挑戦か 母国紙報道「ここ数日間が重大」 | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシングの前IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)がスーパーバンタム級に昇格し、いきなり世界戦で再起する可能性が浮上している。昨年11月に予定されていたWBCバンタム級挑戦者 ...

続きを見る

ジェイソン・モロニー戦と井上尚弥戦で、少し評価を落としたロドリゲスだが、それまでは完璧にいいボクサーにみえた。井上尚弥より身長も高いのでスーパーバンタム級は問題ないだろうが、彼はパンチャーではなくカウンターアーティストだ。

レイ・バルガスは、長谷川穂積のベルトを継いだ在位の長い王者だが、どの試合も煮え切らず、リゴンドー等、超強豪ランカーはなんとなく回避してきた。180センチ近い長身、難攻不落王者だが、スタイリッシュで前に出る正統派のロドリゲスとの試合は興味深い。前には出ても、ゴリゴリの肉弾戦はしないロドリゲスとの試合はきっと美しい攻防になるだろう。判定になりそうだが、果たして・・・

ロドリゲスにとっては簡単な相手ではないが、ルイス・ネリーより先にチャンスを掴み、ルイス・ネリーVSアーロン・アラメダの勝者の相手はバルガスではなくロドリゲスに、となって欲しい。

正直に言ってしまえば、フィリピン勢やノルディン・ウバーリのような(モロッコ→フランス)選手が君臨するバンタム級よりも、PBC、GBP、DAZNなどが関わってくるスーパーバンタム級の方がアメリカを主戦場にしていく井上尚弥にとってはずっと面白そうだ。

ただし、さすがにスーパーバンタムまで行くと、井上尚弥は体格的には小さい方、だろう。まずは、4月25日のジョンリエル・カシメロ戦で、再びの規格外のパワー炸裂を堪能したい。

エマニュエル・ロドリゲスに幸運あれ!

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーバンタム

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.