階級別 スーパーフライ バンタム レジェンド

閃光の忘れ物/ノニト・ドネアの挑戦

更新日:

落とせるなら、ドネアにはSフライやバンタムで大暴れして欲しい。
ウシクやテイラーが4冠獲れて、井上尚弥が取れないのは実力ではなく運とタイミングだけだから、4冠統一なんて気にしていない。

ノニト・ドネアのバンタム級への目覚しい復帰は、異例中の異例といえる。

通常、ボクサーは年齢を重ねるごとに階級を下げて成功することはなく、特に40歳を目前にしたボクサーは当然だ。ドネアは2018年4月、カール・フランプトンに12ラウンド、全会一致で敗れた後、フェザー級最大の126ポンドから、わざわざバンタム級リミットの118ポンドに下げた。

それから3年半、39歳のドネアは殿堂入りの経歴にさらに2つのバンタム級王座を加え、日本のスター、井上尚弥との再戦を確保する立場にある。2019年11月にドネアが全会一致の判定で敗れた初戦は、全米ボクシング記者協会が選ぶ「ファイト・オブ・ザ・イヤー」に選ばれている。

ドネアがその魅力的な井上との再戦を確保できない場合、「フィリピンの閃光」は、スーパーフライ級のライバル、フアン・フランシスコ・エストラーダ(42勝3敗28KO)とローマン "チョコラティート "ゴンサレス(50勝3敗41KO)の間のラバーマッチの勝者と戦うために楽にあと3ポンドを落とせる。ドネアは最近、エストラーダとゴンザレスの勝者と対戦する可能性について語った。

ドネア
「私はそうしたい、そうしたいです。チョコラティートとエストラーダがいる中で、僕は自分を売り込んでいるんだ。それは素晴らしいことだ。大賛成だ。」

ラスベガスのドネアは2010年7月、エルナン・マルケスを8ラウンドで止めて以来、115ポンド級には出場していない。あれから12年、彼はまたこの階級に復帰することに抵抗はない。

ドネア
「体重を減らすのは簡単なことだ。115ポンドまで下げても、まだ強いと感じられるんだ。井上と戦ったとき、私は116だった。だから、118を少し下回る117まで上げるために、2、3回水を飲まなければならなかった。だから116は115のすぐ近くなんだ。」

強打のドネア(42勝6敗28KO)は、カリフォルニア州カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツパークで12月11日に放映されたメインイベントShowtimeで、同国のレイマート・ガバロ(24勝20KO)を4ラウンドでノックアウトしている。井上との再戦を望んでいるが、4階級制覇王者はエストラーダとゴンザレスの勝者も有力な選択肢として考えている。

リチャード・シェイファーというプロモーターについて、

ドネア
「リチャードは自分のやりたいことをやるだろうし、僕は自分のやりたいことをアドバイスするだけさ。そして、それが可能であれば、実現させるつもりだ。」

4階級王者と言われるノニト・ドネアは実質5階級王者だが、Sフライ級だけ暫定王者のまま駆け抜けていった。だから、ロマゴン、エストラーダというビッグネームがいる今のSフライに忘れ物を取りにいきたいのだ。彼らビッグネームを下しての5階級制覇なら素晴らしい名誉だ。

ベテランのドネアの今の強み、凄みは明らかにフィジカルやパワー、昔極めた天才の引き出しを凝縮したような匠の技だ。39歳にしてボクシングの達人のようなシンプルかつ必殺の強さを魅せつけている。

バンタムでも体格、フィジカルに勝るドネアがSフライに落とせるのが不思議だが、実際に実現したとして、ではロマゴン、エストラーダとはどんな試合になるのだろう。なぜか大人と子供ほどに骨格差があるように見え、異なる階級の試合にみえてしまうのではないか、否、元はドネアもフライ級、レジェンド同士の拮抗した試合になるのかもしれない。

今思うと、つくづくドネアの言ってたことは強がりではなかった。

ライアン・バーネットは試運転かつ強敵だった。
ステフォン・ヤングは素走っこいやつだった。

その後は公言通り、あんぐりするほどの強さ、無駄のなさ。

ロマゴンやエストラーダといえど、体格、骨格に限界があり、ドネアはキツすぎるとおもうのだが・・・

それでもドネアよ、井上との再戦は諦めてそっちへ行ってくれ。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフライ, バンタム, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2022 All Rights Reserved.