階級別 フライ スーパーフライ レジェンド

マエストロ "El Huracan"(ハリケーン)オマール・ナルバエス

投稿日:

いつかは新しいスターが現れ、私を乗り越えていくだろうと意識していた。日本の怪物には驚かされたよ。誰もが承知のように、彼のポテンシャルは高く、打撃にパワーがあった。彼の爆発力、パンチの強さには驚かされました。何年もかけて、彼がパウンド・フォー・パウンドで最高の選手の一人であることをみんなが認めるように、私も認める。

息の長いアルゼンチンのオマール・ナルバエスは、2000年代初頭から2010年代半ばにかけて、フライ級とスーパーフライ級の世界タイトリストとして10年以上にわたって長く君臨した。

5人兄弟の1人であるナルバエスは、1975年10月7日、ブエノスアイレスのような大都市の明るい光や喧騒から遠く離れたパタゴニア北東部のトレリューで生まれた。

ナルバエス
「トレリューの街で育ち、危険なことは何もなかった。子供時代はとても美しいものでした。地味だけどとてもいい環境で育ったんだ。両親の愛情は、いつもそばにありました。子供のころはサッカーが好きで、いつも地域のクラブでプレーしていました。」

3年生(5年制)までしか進まなかったナルバエスは(のちに2年を消化)若い頃はボクシングに興味を示さなかったが、10代になってから変わったという。

ナルバエス
「兄がボクシングをやっていて、その練習を見に行ったことがきっかけで興味を持つようになりました。ずっとサッカーをやっていたけど、初めてボクシングをやって好きになったんだ。17歳でサッカーからボクシングに変えました。そこから偉大なボクサー、世界チャンピオンになるという夢と目標が始まった。」

続きはこちら

マエストロ “El Huracan”(ハリケーン)オマール・ナルバエス | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち
マエストロ “El Huracan”(ハリケーン)オマール・ナルバエス | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, フライ, スーパーフライ, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2022 All Rights Reserved.