階級別 ライブ スーパーフライ

フェルナンド・マルチネスVSジェルウィン・アンカハス LIVE

投稿日:

ダイレクトリマッチ、王座を9度も防衛していたアンカハスを返り討ちにしたならマルチネスの実力は本物だ。アンカハスは減量が限界と言っていたが、再戦のために留まった。

123456789101112R
マルチネス
10
9
10
9
10
10
10
10
10
10
10
10
118
アンカハス
9
10
9
10
9
9
9
9
9
9
9
9
110

1R

前に出るマルチネスと下がりながらパンチを合わせるアンカハス。
アンカハスは冷静だが、マルチネスの勢いにやや萎縮しているか
マルチネスの右がアンカハスの顔面を掠める。

マルチネス10-9

2R

距離をとりたいアンカハスと
接近して乱打戦に持ち込みたいマルチネス

マルチネスのプレスが強烈だが、それを捌いて
動きまくってパンチを当てるアンカハス

動いているのか動かされているのか

アンカハス10-9

3R

マルチネスがかなり難敵なのは間違いない。
フィジカルがかなり強い。

しかしアンカハスのスキルにやや空転している。

マルチネスの方がガードや軸が安定している。
アンカハスはガードが下がる時がありマルチネスの乱打に巻き込まれそう。

接戦だが

マルチネス10-9

4R

アンカハスにとって苦手といえそうなスタイルのマルチネス
ほぼ互角の攻防で先にスタミナを失って失速した方が負けか。

マルチネスが力強く接近して連打をしていくが
アンカハスがカウンターを打ち返す

アンカハス10-9

5R

ジャッジ泣かせのシーソーゲーム。実力伯仲。
マルチネスの積極性もいいが、正確性はアンカハスか。

中間距離でのアンカハスの左ストレートはマルチネスにほぼ
キャッチされている。

マルチネスにとっては休める時間になっているが、自身も何もできない。

マルチネスとしては接近戦の乱打で圧倒したいだけ。

互角だが、積極性で

マルチネス 10-9

6R

アンカハスの方が王者らしいきれいなファイトだが
マルチネスの方が屈強で力強い。スタミナもありそうだ。

アンカハスが懸命に捌いてきたが、マルチネスのプレスを持て余してきた。
マルチネスのタフファイトが上回った。

マルチネス10-9

7R

ローブローありバッティングありのラウンド
マルチネスはボディが効いているが、アンカハスはカットもありかなり疲労している。

マルチネス10-9

8R

ダイナミックな強打者アンカハスが苦手とするタイプのマルチネス。
小柄だが、体力があり、接近戦でアンカハスの大きなパンチを無効化するのに長けている。

アンカハスは中間距離で戦わせてもらえず、接近の乱打戦で疲弊していく。

互角だがマルチネスの方がやりたいファイトが出来ている。

マルチネス10-9

9R

アンカハスとしてはボディを効かせるしか攻略法がないかもしれない。

マルチネスはなかなかクリーンヒットは奪えないが、スタミナと回転力で優っている。

疲弊を感じるのはアンカハス

互角だが、フラフラなのはアンカハス、マルチネスは軸がしっかりしている。

マルチネス10-9

10R

マルチネスは下手くそにみえるが
最小限の動きで中間距離のパンチを見切って乱打戦に持ち込むのが巧み。
フィジカル、スタミナもかなりのもの。

パワフルでスケールのあるアンカハスを無効化していく。
削っていくのが相当手慣れている。

アンカハスにはもう戦術がないだろう。
我慢して強打を当てたいだけ。

マルチネスはなかなかクリーンヒットが奪えないが、スタミナとフィジカルで余裕がある。

マルチネス10-9

11R

初戦をしっかり見ていないが初戦の再現のような内容なのではないか。
スタイルが試合を決めるといった内容で、アンカハスにとっては苦手タイプの典型のようなマルチネス。

マルチネスはスピードやスキル負けは今後あるかもしれないが
KOされることはないのではないかとおもえるほどフィジカルが強い。

ディフェンスもかなり上手い。中間距離で危ないところがない。

マルチネスの方がスタミナがあり、KOは諦めたものの少し余裕のある戦い方。

マルチネス10-9

LAST

正統派で強打でダイナミックなアンカハスにとって
小柄でフィジカルお化けで運動量のあるマルチネスは苦手タイプの筆頭といえるタイプだった。

強打だがややモーションやタメがあり、力みのあるアンカハスにとって
その隙間を埋めていくようなマルチネスのフィジカルとエネルギッシュさという印象。

2連敗で決着はついたとおもうが
アンカハスは階級を上げた方がいいだろう。

流したマルチネスか

マルチネス10-9

体格もパンチもある強い王者が
小柄で運動量のある相手に屈する場面は既視感があるが

そういう印象。

初戦と同じ内容ではないかな。
スタイルマッチに写った。

119-109
118-110
118-110

マルチネス

マルチネス、中谷のようなファイターの鬼門になる可能性も高い。
この王者は良さがわかりにくいが、かなり強い。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ライブ, スーパーフライ

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2022 All Rights Reserved.