階級別 スーパーフライ

マックウィリアム・アローヨVS井岡一翔 LIVE

更新日:

大きな注目を集める、井岡の第二章、新たなる本当の挑戦。体格は井岡の方がいいくらいだが、パワー面含め、スーパーフライに適応、改造できたかどうかが鍵だ。こういう試合をファンのみんな待っていた。思い切り羽ばたいて欲しい。

12345678910R
アローヨ
9
9
8
9
10
9
10
10
9
9
92
井岡
10
10
10
10
9
10
9
9
10
10
97

当日体重
井岡125.6
アローヨ122.8

1R

クラウチングの井岡とアップライトなアローヨで体格差は感じない。
プレスをかけるのはアローヨだが井岡のジャブとボディが多い

井岡10-9

2R

井岡の動きはいいがやはりアローヨにパワーがある。
ほぼ互角だが、ボディを交えている井岡か
アローヨはアッパーがある。
アローヨが徐々に圧力を強めるとおもわれる。

井岡10-9

3R

技術は拮抗、井岡がやや勝っているが
アローヨを効かせるパワーがあるかは未知数。
がっつり技術戦の中でラウンドの最後に井岡が右ストレートをクリーンヒットし
ダウンをゲット
素晴らしいダウン。

井岡10-8

4R

アローヨはセコンドに激を入れられ
攻めを増やすしかないだろう。
今日の井岡は過去最高の出来。
速いし隙が少ないしアグレッシブで
アローヨを凌駕している。

井岡10-9

5R

サラスの言葉はガンバレカズト
チャンピオンカズト

と超単純。

アローヨは攻防分離気味になってきた。
お互い少し距離をとり、攻める時のアロヨは力んでいる。
井岡はそれを冷静にブロック、カバーしている。

ほぼ互角かやや井岡だが、最後に大きな右をあてた

アローヨ10-9

6R

会場はフルマークで井岡
ムードも井岡
アローヨは丁寧な中、攻撃時は力みパワフルモード。
井岡の方がダメージ少なくよくみえている。

ほぼ互角だが、クリーンダウンのおかげで井岡ペースにみえる。

井岡10-9

7R

井岡がいいのはパンチ数でアローヨを上回っているだろうこと。
6ラウンド会場はアローヨとつけた。

全体的には井岡がいいようなラウンドだが
ビッグパンチの単発はアローヨ

アローヨは苦しいのか、劣勢なのにもっと打ってこいと誘っては
大きなパンチを単発で迎え撃つ。

アローヨ10-9

8R

アローヨのパワーファイトがやや勝ってきたか
井岡の方が隙のない防御をみせており
アローヨは雑になってきたが、パンチの威力で相殺している。

この試合は12回のようなのでまだわからない。

アローヨがフーフー言いながらパワーで迫る。
井岡は堅実に戦う。

アローヨ10-9

9R

パワーファイトで打開したいアローヨだが
堅実で攻撃的な井岡に追ってにまわる。

いい左フックと総合的に

井岡10-9

井岡の左目も腫れてきた。

10R

スコアカードは12Rだったがやっぱり10回戦のよう
このラウンドも正確性で井岡が勝った。
井岡のビッグ勝利だろう。

井岡10-9

99-90
97-92x2

井岡

なんといっても3ラウンドの
ビューティフルノックダウンと
ディフェンスの正確性
手数とアグレッシブで井岡の印象がよかった。

しかしあの完璧なタイミングのダウン以外は
やっぱりパワーレスな面も。

しかし、はっきりとアローヨに勝利し
その実績が嘘でない事を証明した。
井岡にとり最も大きな勝利であった。

技術ではシーサケットにも通用するだろう。

今まで評価せずすみません。
この路線で今後も頑張ってください。

次はニエテスVSパリクテに続きます。

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフライ

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.