階級別 スーパーフライ プロスペクト

アジアのプライド/ケビン・ジェイク・カタラハ

投稿日:

「2019世界へ飛躍するランカー達よ」を書きながら時系列で消えていくには手間がかかったので2019年を楽しむためにトップに表示させておきました。大きく躓いたり、消えたりしたらここを修正し、新たな脅威を目撃したら加えたりしていきたいとおもいます。

もっと有望なランカーいた気がするけどな、でも15位にランクインしていないのだ。

2019世界へ飛躍するランカー達よ/ミニマム級~フェザー級編

清水が来年は世界一本に絞ると言っていて、それは良いが相手にしてくれる王者がいない(マイナーな王者は除いて)なと感じ、フェザー級どうなってるのか調べようとしたついでに、これは不完全ガイドというよりは20 ...

で、早速加えておいたのが、フィリピンの至宝

ケビン・ジェイク・カタラハ Kevin Jake Cataraja

9勝7KO

です。

ピノイ・プライド・マグサヨとカタラハ

国内で今年一番の衝撃は、振り返ると八重樫VSメリンドだったかもしれません。あれは偶発的な事ではあったかもですが実力差と認めねばなりません。わずか3分で3種のパンチで完璧KO。フィリピン人の実力を侮って ...

至宝/ケビン・ジェイク・カタラハとジェイソン・ママ

ミラン・メリンドが来日しました。寒さ対策としてもっと早く来日すべきとおもいますがアウェーが主戦場の選手にはお金の問題もありこれが現実なのでしょう。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツ ...

今年はなんとか2試合消化し9戦無敗まで来ました。
清水より見栄えはずっと華麗ですが、ランク入りはまだまだです。

11月にはじめて国外選手、メキシカンのビクトル・ウーゴ・レイジェスと戦い、大差ユナニマスの判定で下していますが、線の細さが目立つカタラハにこういう試合は必要でしょう。

圧倒できませんでした。

筋は非常によく、世界いけるんじゃないか、SuperFlyの面々に引けを取らないのではないかとさえ感じますが、井上やガバリョ、アンカハスなどに比べるとパワーも瞬間の煌めきもまだまだです。

国内で格下ばかりに圧勝しても世界的な実力はみえてこない面があります。
そういう意味では清水聡もタフな世界ランカー相手に連続KOがキープできるのか見極めたいところもあります。

フィリピン、いいですな。
Pinoy Prideというのも見逃せません。

ポニープライドと勘違いし、仔馬ちゃんの戦いかとおもってましたが
フィリピントップレベルの競演の舞台なのでした。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフライ, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.