階級別 スーパーフライ

フェニックスバトル/八重樫東

投稿日:

昨日再起を飾ったようです。戦い続ける36歳、ターゲットは4階級制覇のスーパーフライ級。井岡VSパリクテの勝者が第一ターゲットも、昨年よりシーサケットとの対戦を度々打診され、決定真近だったという。

未来に繋ぐか/清水・八重樫

ドグボエ株が世界的に急上昇なのでこの記事を上げておきました。ロンドン五輪一回戦、私は清水の勝ちでいい内容にみえます。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で ...

八重樫VSメリンド他

そして21日。村田が最高のバトンを渡すのか、仕切り直しか?怪物君みたいな清水等も出るらしいけどまだまだなキャリアなのでこの日の個人的メインはこの試合です。メリンド来日してるよね。 この記事が気に入った ...

圧倒的な練習と鍛え上げられた肉体、精神力。ここまできたら最後まで見届ける必要があろう。今回の格下タイ人、非力型といえた向井との激闘では耐久力もまだ残っているが、かつてのミラン・メリンド戦、初回、最初のパンチが全てだったとおもうが、あそこまでの脆さをみせつけられると怖いものがある。

ライトフライ級の話だ。
年齢を重ねて打たれ強くなることはまずない。

激戦のスーパーフライ級において、キャリアピークの年齢といえるシーサケットや井岡を目指す前に、もうちょっと骨のある相手との試合を経験しておく必要があるのではないか。

詳細はしらないが、大橋ジムの選手は結構粘る。負けても選手に意思があれば続けさせる度量がある。岡田誠一などの懐かしい名前もまだいたし、松本亮(フェザー級)も中澤奨(59キロ契約)もまだまだ頑張っている。

ボクサーとしての気概、姿勢は素晴らしいとおもう。

けれどやっぱり全く格下のタイやインドネシアばかり・・・
もうちょっと他にやるべき相手がいるのではないか。

シーサケットもボクシングすら知らずにデビュー戦で日本で負けた相手が八重樫で、今対戦可能な位置にいるからこそ声をかけたのだとおもうけど、当時、そういう相手をそもそも呼んできてはだめだ。

これでいきなり世界戦では怖い。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフライ

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.