階級別 スーパーフライ プロスペクト

井岡一翔VSジェイビエール・シントロン LIVE

投稿日:

海外では五輪2度の代表シントロンを推す声も多かったが、井岡も高く評価されていた。セコンドにつくイヴァン・カルデロンほどいい選手なら面食らうがそこまでではないことを想定し井岡を支持する。中に入る井岡とアウトボックスのシントロンという構図になるだろう。

123456789101112R
井岡
9
9
10
10
10
9
10
9
10
10
10
10
116
シントロン
10
10
9
9
9
10
9
10
9
9
9
9
112

1R

井岡が距離の測定を行うが
シントロンのジャブやストレートが当たる
もう少しメリハリをつけないとシントロンの距離

シントロン10-9

2R

やはり距離があると懐深くリーチの長いシントロンの独壇場。
距離を詰めて井岡のいいパンチも当たるが
シントロンの左ストレートやアッパーの方が危険なタイミングで当たる

シントロン10-9

3R

これは距離とカウンターを克服して倒さねばならない相手だろう。
アウトボクシングでポイントがとれる相手ではなさそうだ。

シントロンは極端にアウトボクサーであり、距離があると強いが
井岡の追い脚、プレス、パンチの回転が上回りはじめてきた。
シントロンは突貫ファイトに極端に弱いとおもうが
危険なパンチは持っている

井岡10-9

4R

井岡はパンチで口を切っている。
シントロンは追い詰めて倒すしかないタイプだな。
左ストレートだけには注意したい。

シントロン上下効いているのではないか
パンチもモーションが大きく雑になっている。
井岡のプレスを嫌がっている。

極端にファイター、プレスに弱いタイプだろう。
タフなタイプではない。
危険なものは持ってるけど。

井岡10-9

5R

シントロンの左を食う井岡だが
パワーがないのか、井岡に余裕を感じる。
効いているのはシントロンの方だろう。

追い込んで倒してしまいたいが
無駄な被弾は避けたい。

シントロンはアマチュア的でKOしないといけないタイプだ。

井岡10-9

6R

井岡がプレスをかけて倒しきるか
シントロンがアウトボクシングで逃げ切るか
ビッグパンチを当てるか

危険なパンチを持ったシントロンだが
トリッキーで雑になってきた。
これはなんとか追い込んで潰してしまいたい。
打たれ強いタイプではない。

井岡は徹底してボディを攻めているがこの回はシントロンが良く動いた。
クロスファイトだが、フィジカルは井岡が上にみえる

シントロン10-9

7R

シントロンがヘロヘロに効いていればいいが
まだ元気に抵抗してくるし井岡もかなり打たれている。
倒しきらないと難しい試合になる。

井岡に余裕を感じるが、さほど追い詰めて効果的なパンチを当てているわけではない。
シントロンのパンチはかなり見切れるようになってきたが
自身のパンチも当たっていない。

シントロンは判定逃げのボクシングになってきた。

井岡10-9

プレッシャーはかけているが、的を絞れず、もうちょっとパンチを当てたい。

8R

そろそろ山場を作らないと判定にいってしまうかもしれない。
シントロンがめちゃくちゃ効いているようにもみえない。

完全に逃げのファイトだが、手は出すし井岡はなかなかパンチを当てられない。
ボディ狙いが露骨な井岡にシントロンはボディ対策している。

シントロン10-9

9R

ここまでシントロンのボクシングが機能し井岡が空まわりしているといえる。
ボディ狙いはいいがもう少し工夫をしないとなかなか当たらない。
顔面も打った方がいい。打たれ強くはなさそうだし。

捕まえるか逃げられるかの展開。

それでも井岡のボディが嫌そうだ。
もう倒しきってくれ。

シントロンは逃げのファイト
井岡が強打者であれば倒せるだろう。

井岡10-9

10R

倒して井岡
逃げ切ってシントロン

という展開、シントロンがどこまで効いているか。
シントロンにはパワーがないのか、いいのを食っても井岡は平気
シントロンは苦しそう。
必死に抵抗するシントロンだがもうそろそろ倒すべきだろう。

井岡10-9

11R

ガムシャラに手を出してくるかもしれないが
シントロンは陥落寸前だ。

シントロンを休ませてはいけない。
倒しきるべきだ。

上下に散らして追い込んでいきたい。
追い込んでいる井岡だが、かわされた。

井岡10-9

12R

シントロンは勝っているとおもっているのか
僅差だが後半ずっと逃げのファイトなのでポイントでも井岡だとおもうが・・・

苦戦はしたがこのままだと井岡だろう。
もうボディだけでなく上を当てていこう。

顔面だけなら井岡は敗者の顔だ
これは倒せないかな。

シントロンに逃げ切られたが、判定でも井岡は負けてないだろう。
最後、相打ちあぶなかったが、リングジェネラルシップで井岡だろう。

井岡10-9

116-112
116-112
115-113

井岡

シントロンは独特の武器を持つテクニシャンだったが
露骨なアウトボクサーでひ弱いところがあった。

下から上げた井岡の方がフィジカルが強かった。

しかし、エストラーダやアンカハスやシーサケットなら
シントロンをノックアウトしていたような気がする。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
0



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフライ, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.