階級別 スーパーフライ

新旧交代はさせない/カリ・ヤファイVSローマン・ゴンザレス

投稿日:

WBSSスーパーフライ級の噂があったので記事を書いたが、あてにならず遅延ばかりのWBSSに期待してはいけない。2月29日にカリ・ヤファイVSローマン・ゴンザレスが決定だそうです。

世界のトッププロモーターはWBSSを歓迎していないという現実。

WBSS スーパーフライ級の予感と田中恒成

日本人ファイターは金を生む・・・完全なるボヤキと妄想です。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow pukubox 0

カリ・ヤファイVSローマン・ゴンザレス

2月29日土曜日、テキサス州フリスコのスター・センター。

カリ・ヤファイ
「出来る限り最大の試合を求めてきた。WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダとの統一戦が相手の怪我で消滅した今、これこそ最高の試合です。ローマン・ゴンザレスはかつてパウンドフォーパウンド、ナンバーワンでした。彼はかつての自分の憧れでしたから、これ以上の相手はいません。自分のベストを引き出し、彼と戦うという事実だけでなく、自分が世界のエリート王者であることを示します。楽しみで仕方がありません。」

ローマン・ゴンザレス
「エディ・ハーン、神様、帝拳プロモーションに感謝します。そしてチャンスを与えてくれたカリ・ヤファイにも。とても難しい試合になるでしょうが、全ての努力と決意に値するチャンスです。」

試合は、マイキー・ガルシアVSジェシー・バルガス、フリオ・セサール・マルチネスVSジェイ・ハリスと共同開催、トリプルヘッダーとなる。

エディ・ハーンやるなぁ

ビッグな夜となりそうです。(日本時間昼)

ローマン・ゴンザレス(32歳、48勝40KO2敗)は、ミニマム級から4階級制覇を成し遂げたレジェンドだが、スーパーフライ級ではかなり小さく、体力、耐久力に限界があると言われている。強靭なシーサケットに連敗し心身のダメージも深刻だ。偉大なファイターだからこそ、敗北は重く、引退も囁かれた。再起するも怪我も重なり2年で2試合しかしていない。

打ち合い、打ち勝つタイプの選手であり、被弾もするから蓄積された疲労もあるだろう。

現WBA王者カリ・ヤファイ(30歳 26勝15KO)は北京五輪代表、無敗をキープしているスピード型のテクニシャン。たしかに上手いが、トップレベルではパンチが軽く打たれることを嫌う、打たれ弱いから慎重で神経質なのかなという印象だ。

身長163センチ、ゴンザレスに比べて、フィジカル優位にもみえない。

ヤファイが勝つには判定しかないとおもうが、かつて全階級屈指のファイター、美しいコンビネーションと断続的、無尽蔵のアタックが持ち味のゴンザレスに、ヤファイのフィジカル、メンタルでは12ラウンド耐えられない。

と予想する。

レジェンド、ローマン・ゴンザレスが再び復活する日となる可能性が高い。
しかし彼の目をみれば、今のコンディションが大体わかる。

最近は(昔からかな)少し悲しい、闘志を感じさせない目をしている。
全てをやり遂げ、引退した後のような切ない目を。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
0



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフライ

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2020 All Rights Reserved.