階級別 スーパーフェザー レジェンド

Eye of the Tiger(アイ・オブ・ザ・タイガー)/アントニオ・エスパラゴサ

投稿日:

星が見えるというと冗談だと言われますが、私は星が見えました。辛くもノックアウトしましたが、今までで一番キツイ一発でした。総合的に見て、彼は準備ができていたし、技術もいいし、打撃も強いし、タフな試合だったよ。

アントニオ・エスパラゴサは、1980年代後半にWBAのタイトルを獲得し、4年間タイトルを保持した。彼は、ほとんどの場合、アウェーで戦い、実力を発揮して、7回の防衛に成功した。

エスパラゴサは、1959年9月2日、ベネズエラのクマーナで生まれた。14人兄弟の一人として生まれた彼は、困難な人生のスタートにもかかわらず、子供時代を楽しんだ。

エスパラゴザ
「ボクサーは皆、特別な地域で育つ。水もお金も機会もないところで育った。私は貧困とチャンスの欠如の中で育ちました。山の近くに住んでいたので、果物を食べたり、蝶を捕まえたり、鳥を観察したりするのが好きでした。バスケットボール、サッカー、バレーボールなど、いろいろなスポーツをやっていました。いい思い出です。」

父親に勧められてボクシングを始めた彼は、1978年と1980年にスペインで開催されたBox Amトーナメントで金メダルを獲得するなど、充実したアマチュア活動を展開した。1978年にユーゴスラビアのベオグラードで開催された世界大会でも銅メダルを獲得した。しかし、1980年のモスクワオリンピックでは、2回戦で敗退し、メダルを獲得することはできなかった。

アマチュアとして78勝22敗を記録した。

続きはこちら

Eye of the Tiger(アイ・オブ・ザ・タイガー)/アントニオ・エスパラゴサ | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち
Eye of the Tiger(アイ・オブ・ザ・タイガー)/アントニオ・エスパラゴサ | 【忘れられた伝説】ボクシング不滅のレジェンドたち

続きを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフェザー, レジェンド
-

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2022 All Rights Reserved.