スポンサーリンク



フライ スーパーフェザー 日本

内山、五十嵐の世界戦

投稿日:

内山、五十嵐の世界戦は日本人生き残ったけれどどこか消化不良の内容になってしまいました。

公平中立なただのボクシングファンとしての感想は・・・

五十嵐VSハロ

結果が欲しい試合なので内容、採点も異論はないが
ハロはマッチョな肉体から出される強打以外はやはり穴だらけの王者と写りました。
ポンサクレック戦は油断と初回から受けてしまったダメージの影響でああいう試合になったのであろう。

五十嵐はバックギアというわけでもなく堂々とハロと打ち合ってくれました。
しかし右利きのサウスポーとのことで左の精度も威力もちょっと心もとないと感じます。
同門の西岡、山中のような左はないものねだりかもしれませんが、パワーレスを感じます。

ハロは中盤以降顔面でパンチを受け止めるような状態で、五十嵐の左もジャストミートしてましたがビクともしてませんでした。
それでもやっぱりスタミナ不安、ボディダメージの蓄積は深刻で、強打のサンドバッグ状態だったとおもいます。
それでも攻めきれない、顔面当てても効果薄い、逆にパワーパンチでフラフラになるなど、世界王者として頼りなさを感じてしまいました。

ハロ、ボディ効いてるなぁというのがはっきりわかりまして、この選手はセグラに1ラウンドでボディ悶絶させられているのを空想してしまい、コンビネーションからのボディで絶対落ちるのにとおもってみてました。
清水のようにパワーレスが顕著なままの陥落も現状考えられるのでそれの克服、スタイルの再構築をしないと今後不安な印象を残しました。

内山VSファレナス

これからという時のバッティングで終わってしまいました。
たぶん、徐々に内山がアジャストしていきいずれKOだったとはおもいますが、終了前まではファレナスがやや優勢でした。
ファレナスのスピードと思い切りのいい左ストレート、何度か軽く内山にヒットしてましたし、避ける内山のディフェンスも同じ姿勢ばかりで常に間一髪のヒヤヒヤなものでした。
三浦に食った時と変わってない印象です。

今までの内山の相手はソリスはじめ決して格下ではないとおもいますが、みな棒立ちで直線的な選手が多かったとおもいます。
ファレナスのようにスピードと動きのある相手はいませんでした。

強い内山の評価は変わりませんが、どっちかというと静、剛のスタイルでありファレナスや粟生は動、柔の選手です。
そういう動きのある相手に対する不安が少し芽生えてしまったかもしれません。
トークする粟生も若干、勝機ありとうれしげに写りましたし。

次、暫定王者のブライアン・バスケスを予定してるみたいですがバスケスという選手は体格もパンチもないけどかなり動き、テクニカルな選手です。
苦手タイプかもしれません。

ただ、過程、結果は残念でしたがまだこれからという時でしたので心配が杞憂に終わることを祈っています。

-フライ, スーパーフェザー, 日本

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.