階級別 スーパーフェザー ライト スーパーライト

世界より険しい場所/米国ライト級(周辺)ホープ事情

投稿日:

ノックアウトのカタルシスで言えば、最近の試合では、ロマチェンコVSペドラサの前座に出てきた、テオフィモ・ロペスの右は震撼であった。そんなロペスを調べてみると米国にアマの天敵がおり、プロになっていた。12月15日、カネロVSフィールディングの前座には、バージル・オルティスJrやライアン・ガルシアが出場するという。ちょっと待て、米国には一体何人のホープがいるのだろう、という事でざっくりと整理してみました。

ライト級とその周辺に絞っています。なぜならアマでは対戦歴があったりするからです。

テオフィモ・ロペス Teofimo Lopez

11勝9KO


色々あって五輪は米国ではなくホンジェラス代表として出た。アンドレス・コルテスに勝ったり負けたりした過去があった。
世界戦のチャンスが一番早いかもしれない。

デビン・ヘイニー Devin Haney

20勝13KO


トップエリート。ルーベン・ヴィラやライアン・ガルシアに負けた過去もあるがきっちりリベンジしている。
ご存知負けにくい選手

ライアン・ガルシア Ryan Garcia

16勝13KO


人気では一番か。ヘイニーと双璧の実績。ブライアン・ルアやシャクール・スティーブンソンに負けた過去も。
バージル・オルティスには勝っている。

シャクール・スティーブンソン Shakur Stevenson

9勝5KO


リオ五輪銀なので実績ではナンバーワンか。ルーベン・ビラ、イシドロ・オチョアに負けた過去くらい。

イシドロ・オチョア Isidro Ochoa

6勝2KO


上記選手のアマチュア時のライバル。ヘクター・タナジャラに負け。

ジョセフ・アドルノ Joseph Adorno

11勝10KO


祝福された手というニックネームのプエルトリコの19歳。やはりかなりのトップアマで19歳

バージル・オルティス Vergil Ortiz Jr

11勝11KO

アマではライアン・ガルシアに勝てずも全KOのプロ向き。サルガドも余裕で葬った。

ブライアン・ルア Bryan Lua

5勝2KO


彼らに絡んでいたトップアマ、トップランク契約。

ヘクター・タナジャラ Hector Tanajara

16勝5KO


これまた非常に濃厚なトップアマ、カルロス・バルデラスやゲイリー・アントニオ・ラッセルと凌ぎを削っている。

アンドレス・コルテス Andres Cortes

9勝5KO


テオフィモ・ロペスと互角であったトップアマ

アルバート・ベル Albert Bell

13勝5KO


ホセ・ラミレスやトカ・カーンらとの対戦歴がある

サウル・ロドリゲス Saul Rodriguez

22勝16KO1分


メイウェザーが契約したエネルギッシュなホープ

ガブリエル・フローレスJr Gabriel Flores Jr

10勝5KO


ジョセフ・アドルノと互角のアマチュア出身

カルロス・バルデラス Carlos Balderas

6勝5KO


ご存知、成松に勝ったリオ五輪米国代表。キューバのラザロ・アルバレスに敗れた。
ルーベン・ビラに勝ったり負けたり

ルーベン・ビラ Ruben Villa

14勝5KO


このメンツでは多分小柄でフェザー級だが、ほとんどに勝ったことがあるくらいよく出てくる。

ローガン・ユン Logan Yoon

14勝11KO


韓国系米国人か、このメンツに混じってトップアマだった。ライバルに勝ち切れてはいないが。

ケンドー・カスタネダ Kendo Castaneda

15勝7KO


ケンドかもしれないが剣道みたいで覚えやすく、やはりトップアマ出身。

アンディ・バンセズ Andy Vences

21勝12KO1分


キャリアのあるホープ、1分はエリック・デレオン

エリック・デレオン Erick De Leon

18勝10KO1分


キャリアのあるホープ、1分はアンディ・バンセズ

ラモン・ローチ Lamont Roach

17勝7KO1分


今そこそこ注目されている若手ホープ

ゲイリー・アントニオ・ラッセル Gary Antonio Russell

12勝10KO


五輪に出ていない方のゲイリー・ラッセルの弟だとおもう。
スーパーバンタム級とあるが、上記選手との絡みが豊富で勝率もいい。

動画も紹介しようとおもったが、あまりにたくさんの有望な選手がおり断念した。
まだまだおり、そのほとんどがアマチュアのバックボーンがあった。
ジェルボンタ・デービスなども、この中の一人であったのだ。

今売り出し中で目立つホープもいれば、アマ時代は実力伯仲ながらプロでは主流から外れて注目されていない選手もいる中で、誰が大成するだろう?

お気に入りを見つけて追いかけてみるのも面白そうだ。

ある意味、世界ランクより険しいかもしれない米国のライト級周辺事情でした。

個人的には選びきれない、まだわからないので、サムネイルの人を応援します。
日本人と絡んだというその一点のみで。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフェザー, ライト, スーパーライト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.