階級別 ライブ スーパーフェザー

伊藤雅雪VSエフゲニー・チュプラコフ LIVE

更新日:

初回KO宣言などかなり気負っている印象の伊藤だが、本当に井上尚弥のような確変の波が伊藤に来ているのか、やっぱり無敗の指名挑戦者にてこずるのか、消極的よりはディアス戦のように積極的な方がいいが・・・もたもたやるよりはハイペースで飛ばした方がチュプラコフも面食らうだろうけど。

HERO/ニュー伊藤雅雪VSエフゲニー・チュプラコフ

「The TRIPLE」のメインを務める伊藤雅雪、内山でも三浦でもなく伊藤雅雪、昨年まではマニア以外は誰も知らない男であったろう彼は、ある意味逆輸入ボクサーだ。米国で快挙を成し遂げ凱旋帰国試合がいきな ...

123456R
伊藤
10
10
10
10
10
10
60
チュプラコフ
9
9
9
9
9
9
54

ヒーロー不在の「The TRIPLE」ヒーロー候補の伊藤。
判定続きでスカッとするKOはメインに託された。
けれどチュプラコフというのは打たれ強そうにみえるよ。

案外サクサク試合が始まるのは良い。
そして長谷川の解説は良い。

最強の挑戦者ではないとおもうが
伊藤もまだ未知数だ。

1R

チュプラコフ小さい上にかなりクラウチングで
下にダッキングされやすそう。

揉み合いの多い試合になりそうだ。
チュプラコフは相撲しかないと考えているのかな。

伊藤のボディやアッパーが入りまくる。

伊藤10-9

2R

これは距離が開くと話にならない技量差だな。
チュプラコフは必死にくっつくがくっついても無策で
伊藤のパンチを食いまくり、顔も真っ赤

伊藤10-9

3R

チュプラコフは調整失敗だろうか
無骨すぎる。

伊藤がバッティングでカットした。
長谷川の言うようにレスリングに付き合わないで
距離を作って打ちまくりたい。

伊藤10-9

4R

チュプラコフはこんなボクサーではなかったんだけど
極端な戦術で序盤失敗してスタイルを変えてきたかな。

チュプラコフは細かい左右フックを連打する選手です。
でも完全に伊藤ペースでしょう。

ストレートが決まる。
伊藤がパワーパンチャーならもう終わってもおかしくない。

伊藤10-9

5R

伊藤の変化ではなくチュプラコフの変化ではないか。
距離をとっても足を使ってもチュプラコフは劣勢だ。

長谷川はチュプラコフのボクシングを直してあげたい感じだ。
このラウンドのチュプラコフが過去にみた彼の姿だが、もう手遅れな気がする。

伊藤のストレートの前に為す術がなさそうである。
伊藤の右は昔から絶品なのだ。

チュプラコフには相打ちしかなさそうだ。

伊藤10-9

6R

井上尚弥はなかなか厳し目だな。
伊藤ペースともいえるけどどっちにもクリーンヒットがないと。

確かに、伊藤の試合だが
マチャドやベルチェルト、デービスの方が強く、面白い。

チュプラコフ陣営はパニックだろうな。

伊藤10-9

7R

チュプラコフ陣営は棄権するのではないか。
いいところが全くない。

と書いたらタオル投入で終わった。

伊藤がどうこう言うよりもチュプラコフがヘンテコだったので
微妙な試合になりましたが、伊藤の完勝でした。

やはり積極的になったしパンチの威力が増しています。

伊藤の良さはアマキャリアがなく癖もないので
伸びしろがあり、長谷川の言うようにどんな相手にも対応できるところだから
相手によって違う良さがみられるだろう。

それでもやっぱり
マチャドやベルチェルト、デービスの方が強く、面白い。

アマキャリア豊富な無敗のロシア人にこの差というのはやっぱりスーパー強いのかな。

今日は日本人全勝となりましたが、明日はどうでしょうか。

お疲れさまでした。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, ライブ, スーパーフェザー

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.