階級別 スーパーフェザー

砂漠の狼のごとく/アンドリュー・カンシオ

投稿日:

気のせいか今年は試合が多い。気のせいだろう。昨日、今日と熱き闘いが終わりしばし茫然だが、この2日のMVPはアンドリュー・カンシオだろう。こういうアップセットがあるからボクシングはやめられない、止まらない、かっぱえびせん・・・

カリフォルニア州インディオ、アンダードッグのアンドリュー・カンシオは、プエルトリコの無敗王者アルベルト・マチャドに殺人襲撃を仕掛け、WBAスーパーフェザー級王者になった。カリフォルニア州ブライズの小さな砂漠の町で最初の世界王者になった。

カンシオには地元から100人の応援団が駆け付けた。

初回にマチャドの左アッパーで痛烈にダウンしたカンシオは、ファンの後押しで生き残り、その後も捨て身のアタックを仕掛けていった。2人の体格差は顕著で、カンシオにとってマチャドは強力で大きすぎるように見えた。

カンシオ
「苦しいのは経験済みだった。何をすれば相手をノックアウトできるかわかっていた。俺もいいパンチを当てていたし、ホールドやクリンチで逃げたりしたくなかった。」

ロッキー・ファレス、ダードン・ゼニュナジ、レネ・アルバラートらとのサバイバルを勝ち抜いてきたカンシオ、劣勢を挽回してきたカンシオはその時の闘志、決意を再び示した。

ガス会社で働く2人の子供を持つ父親であるカンシオは2ラウンドでガスを噴出させた。マチャドに対する上下のコンビネーションのペダルを踏み続けた。

マチャドはこの波状攻撃から身を守る術を失っていった。なんとかカンシオのコンビネーションを止めようと試みたが、嵐が止んだとみえたその時にカリフォルニアの砂漠のファイターは再び容赦なくコンビネーションを浴びせ続けた。

ファンの歓声は3ラウンドでカンシオの火に燃料を注いだ。
大歓声が上がった。コロラド川近くの砂漠の町に住む19000人の住民全員がそこに集結したような声だった。

カンシオ
「地元のファンの声援は俺を奮い立たせます。」

カンシオは4ラウンドで少し慎重に立て直し、ボディ攻撃を増やしていった。そのボディが貫通し、マチャドは我慢できず膝をついた。その後は負傷した獲物を追いかける狼のごとくカンシオはマチャドに襲い掛かり試合を一気に決めた。

カンシオ
「これは人生の戦いでした。ノックアウトで決めることができた。長い道のりでした。信じられない気持ちだ。」

マチャドは減量苦が自分の弱さに影響したとコメントした。

マチャド
「リングで自分の弱さを痛感した。階級を上げる必要があるかもしれません。」

それを差し引いても、一度は引退しかけたカンシオにとってこの日は人生のハイライトとなった。

カンシオ
「とても嬉しいです。負ける気などさらさらなかった。」

アルベルト・マチャドVSアンドリュー・カンシオ LIVE

マチャドはたしかジェスリル・コラレス戦は逆転でダウンも屈しているので決して突破できない壁ではないとおもうが並のランカーには負けぬ完成度を誇る。大柄で左ストレート、右フックに一打必倒の破壊力、勤勉で丁寧 ...

続きを見る

帰ってきた父の背中/アンドリュー・カンシオVSアルベルト・マチャド

マチャドとしては、アクティブに試合をしておきたいという理由だけの通過点としかおもっていませんでしたが、対戦相手にも、静かなる野心と、王者に負けない人生がありました。400ドルのために戦い、働き、挫き、 ...

続きを見る

アンダードッグの視点から、事前記事があれば紹介することがあるが、これもたまたま一度引退したボクサーの再浮上であったこと、ガス会社で働く苦労人ぽいところ、キャリアの中身が濃いことなどから取り上げていました。

ほとんどが、負け犬の強がりであり勝利には届かないのですが、カンシオの場合は記事通りの中身がありました。引退(ブランク)中はボクシングから離れていたらしいですが、全てを見直すため、一度ゼロに戻してやり直す必要があったというように、元は期待のボクサーだった彼は何かを変えて、何かを掴んで、確かに強くなって帰ってきたようです。

元々は、サバイバル戦を勝ち抜いた、レネ・アルバラードが挑戦者でした。負傷で間に合わず、カンシオは代役でした。

誰もが言うであろう。

感動的な試合ではあったが、同日行われた、ゲルボンタ・デービスの敵ではない。
穴王者の誕生だ。

たしかにそうかもしれないが、今はそこには触れず、大きくて無敗でパワフルな将来有望な若き王者を恐れず粉砕したカンシオの勇気と決意溢れるファイトをただただ賞賛すべきだ。苦節のキャリアの凄みをこれほどまでに感じた試合はめったにありません。デービスのような無敵の怪物を倒すのは、時としてこういうアンダードッグでもあるとさえいえる。

アンダードッグが巨大な敵に挑むひとつの究極、覚悟のファイトでした。

感動をありがとうございました。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース
  • 2017年のスポーツ - Wikipedia
    できごと. 記事の肥大化防止のため、下記のスポーツはそれぞれの個別記事に記載、参照すること。 2017年の野球(プロ野球、mlb)、2017年のサッカー、2017年の相撲、2017年のバレーボール、2017年のバスケットボール、2017年の日本競馬、2017年の自転車競技(競輪)、2017年のnfl

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーフェザー

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.