階級別 バンタム スーパーフェザー

タクティクスゼロ/超人井上尚弥を見習うな

投稿日:

日本のボクシングは井上尚弥一人のおかげで面子、誇りが保てているがその他は実は悲惨です。今年全敗ではないだろうか。単純に実力が足りないだけと断言するが、明らかに戦術(タクティクス)も足りません。

タクティクスゼロ

相手の方が強い、上手い、キャリアも豊富、自分のボクシング?そんなの通用しない。相手は自分の得意な展開で戦ってなどくれない。ならば、なぜ戦うのか、どうやって攻略するのか。誰のファイトからも、セコンドからもタクティクスをまるで感じない。

IBF/WBAバンタム級、無敗の世界王者井上尚弥はWBSSが終了したらトップランクと契約する見通しだ。26歳の井上は決勝でノニト・ドネアと対戦する。それが終われば晴れてトップランク入りとなる。

トップランクは最近五輪2冠のロベイシ・ラミレスと契約した。トップランクは既にヘビー級のタイソン・フューリーやアマチュアスターのマイケル・コンラン、シャクール・スティーブンソンらと契約している。そこに井上のような驚異的な王者が加わればタレント揃いとなる。井上には残された時間も豊富だ。

ボブ・アラム
「井上はドネアに勝つでしょう。あんなに小さな強打者は観たことがない。井上は何か特別な存在だ。ドネア戦をクリアしたら契約しましょう。我々トップランクのバナーで彼が戦うのが待ち遠しいよ。」

井上はWBSSの準決勝で無敗のIBF王者エマニュエル・ロドリゲスを2回でノックアウトした。その他、ファン・カルロス・パヤノ、ジェイミー・マクドネルを初回で下した。バンタム級でまだ4ラウンドしか消化していないが彼らは雑魚ではない。皆一流のトップファイターなのだ。

ドネアに勝つために井上は若干戦術の変更が必要になるかもしれない。井上がはじめて迎える自身よりパンチが強い相手といえる。ロドリゲスは倒されるまで井上にパンチを当てることが出来ていた。もしドネアがロドリゲスと同じくらい井上にパンチを打ち込めるなら井上に初黒星を与えることができるかもしれない。

ボブ・アラム
「伊藤を破り王者になったジャメル・ヘリングとミゲル・ベルチェルトは是非戦わせたい。テビン・ファーマーなんか眼中ないよ。」

翻訳通りなのでお許しください。最後が突然違う話題になっています。
トップランクと契約すれば夢や可能性が広がりますが、極端なビッグマッチやお金が動かぬ限り、トップランクは身内の選手としか戦わせないという事でもあります。どちらが勝っても儲かる、損しないビジネスしかしません。

また、ドネア戦の海外の論調はみな同じです。
井上が初めて迎える自分よりパンチの強い選手

とのことです。

個人的にはそんな事はないとおもいますが、数々の名物ノックアウトを演じてきたドネアですので、真骨頂の左フックや右ストレートをまともに被弾したら危ないというくらいでしょう。

井上相手に守備を固めてバックステップをしても悲惨な事にしかならない。オマル・ナルバエスやアントニオ・ニエベスがそんな感じでした。なのでエマニュエル・ロドリゲスはプレスをかける戦術を選択してきました。初回はある程度成功に見えたが、続く2回に捕まってしまいました。結果完敗とはいえ、そこにはしっかりとした戦術(タクティクス)がありました。

果たしてドネアはどんな戦術を選択するのか、引き込んでのカウンターを狙ってくるのか、最近のスタイルのようにパワーでねじ伏せようとしてくるのか

ドネアのタクティクス
そこだけが楽しみです。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, バンタム, スーパーフェザー

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.