スポンサーリンク



階級別 スーパーフェザー

三浦VSベルチェル ライブ

更新日:

仕事しつつその時を待つ。
前座から波乱含みのようです。後で確認しよう。
アクセス過多で接続障害が生じてるのでこちらに避難します。
落ち着いたら戻します。

https://7seconds.jp/blog/miura

共有サーバーの限界です。すみません。

三浦VSベルチェル

タカシ・マイウーラ頑張れ!

1R

ベルチェルが横に動いて足を使う。
追うが手が出ない三浦。
終盤、ベルチェルの左フックで三浦ダウン。
何が効いた?

やっぱり最悪の出だし。

10-8ベルチェル

2R

ベルチェルの足と距離に三浦ついていけない。
近寄ってもベルチェルの強打の餌食。

ダメージも展開も最悪の状況。もう三浦だけかなり効いている。

10-9ベルチェル

3R

逆転の一撃がないと相当きついな。
ベルチェルのパンチが強くて形を作れない。
終盤少しベルチェルが三浦のボディにひるんだか?
近距離じゃないと話にならない。

10-9ベルチェル

4R

完全にペースを奪われた三浦。
余裕がなくヘッドハンターになってしまっている。
ベルチェルの足と手数に自分の形を全く作れず。
もう逆転の一発しかないか。

10-9ベルチェル

5R

三浦が野獣モードに切り替え中。
追って追って追いまくるしかない。
浅いけど左もあたった。
リスク大だがこれしかないか。

ボディを当てたい。

オマケで

三浦10-9

6R

当たれば即ダウンのような左もかわされる。
でも序盤より面白くなってきた。
ベルチェルは結果重視でコツコツダメージを与える丁寧な戦術。
三浦は強打を放つだけ。

旗色は非常に悪いがボンバー事故に期待。

10-9ベルチェル

7R

ベルチェルがかなり叱咤されているが問題ない気がするが。ダメージもない。
三浦は完全に逆転の一発狙いだが、ボディを忘れている。

技術差で完敗ペースだけど三浦に深刻なダメージはないのかな。
ベルチェルの方がいいボディを打っている。

10-9ベルチェル

8R

ベルチェルの足と回転力に何もできず。
打ち込まれダウンしそうなシーンも。効いてないアピール。
三浦の後頭部への打撃で反則とられる。ベルチェルもアピール。
ベルチェルの方がしたたかにいいボクシングをしているが
三浦の完全ケンカモードに期待。
もうKOしないと勝ち目はない。

10-9ベルチェル

9R

ベルチェルは横に足を使いまくる。
近づくとクリンチではなく回転力のコンビネーション。
三浦はパンチにタメがあるため、これが機能して三浦打ち合いに持ち込めず。

観客は三浦の豪快なパンチに歓声。
葛西さんは精神論

10-9ベルチェル

10R

このまま判定だとユナニマスもありえる。
ベルチェルはチャンスがあれば畳みかけるが下がりながらの手打ち気味。
判定で勝てればいいやなボクシング。
少しは三浦のボディが効いてるのか、身体が丸まってきてるが三浦より余裕はあるだろう。
当たらずも前に出る三浦と逃げるベルチェルの構図なので

三浦10-9

11R

かなりまずい状況だ。
ボンバー炸裂で効かせるダウン、KO逆転しなければ絶望的。
技術差と対策差が出てしまっている。

賢くポイント稼いでいるベルチェルだが、三浦のパンチも浅く被弾している。
が、バルガス戦の激闘に比べたら全然余裕だろう。

10-9ベルチェル

12R

奇跡の大逆転がない限り、ユナニマスに近い形で三浦の負けだ。
ベルチェルは効いているのかな。
多少は被弾しているが、足は揺れない。

三浦の漫画みたいな気迫に会場は沸いているが
ベルチェルの完封勝利に近い大差だろう。

これは完敗であるし、三浦は今のSフェザーで王者をやっていけないだろう。
初回ダウン含め、三浦らしく、人気も落ちないだろうが、キャラ的な人気になりそうだ。

感想は完敗です。

非情なものですが、普通にいいボクサーだなとおもったのはやっぱり王者である。ベルチェルでありコラレスでした。

コラレスVSカスティジャノス

1R
コラレスが伸び伸びやれてるかな。

コラレス10-9

2R

コラレスのセンスはやっぱりよくて、俊敏にフリースタイルでやってるが
カスティジャノスもブロック硬く持ち味を出している。

コラレス10-9

3R

スピード差でごまかすようなコラレスの見栄え重視ボクシング。
カスティジャノスのボディでコラレスダウンも、これは露骨なローブローでノーカウント。
カスティジャノスが荒っぽく攻めるとコラレスも大振りになり被弾

カスティジャノス10-9

4R

タイミングで手をついただけに見えるがコラレスがダウン。
バランスを崩されると脆そうなところが出てる。才能はあるけどね。
今度は右アッパーで完璧なダウン。
コラレス効いた。

やっぱ荒っぽく攻めると捌ききれない。

カスティジャノス10-7

5R

カスティジャノスは飛ばし気味で少し疲れたか。
運動神経の良さを強調するコラレス、髪もスタイルも派手にして青いな。

カスティジャノスは我慢してビッグパンチでダウンを追加したい。
コラレスは見栄えで逃げ切るか

コラレス10-9

6R

同じ構図かな

コラレス10-9

7R

コラレスがセンスあるところをみせつける。
が、有効打はカスティジャノスが奪っているとみえて
最後にコラレスの踏み込んだ左ストレートでカスティジャノスダウン

コラレス10-8

8R

内山が屈したのが今は納得。
静と動の戦いで、コラレスに対しては荒っぽくいかないと難しいだろう。
それくらい、運動神経のいい選手だ。ボクシングはまだ若いが才能はある。

コラレス10-9

9R

見栄えはコラレスだが、センスと勘まかせで雑なので、ヒットしたカスティジャノスのラウンド。
ビッグパンチが当たればまだわからないし当たりそうな隙もある。
カスティジャノスが勝つにはKOしかない。

カスティジャノス10-9

10R

バッティングでカスティジャノスが頬を深くカット。
続行不可能で負傷判定へ。

10-7も作ってしまったコラレスだが恐らく勝っただろう。

アメリカデビューで気負いも感じられたコラレスだが、大変な才能のボクサーであった。
今のままではロマチェンコ、デービスに劣るけども。

2-0
マジョリティでコラレス

オラシオ・ガルシアが格下に負け
ジェイミー・アルボレダという全勝ホープが格下にKO負け

ジョー・スミスJr VS スリバン・バレラ

スミスはイケメンだなぁ。髪伸ばして誰だかわかりませんでした。
バレラはウォードに敗れただけのキューバントップアマ

初回にタイミングいいカウンターでスミスがバレラからダウン奪って優勢もその後は接戦。
バレラの方がいいくらいだ。バレラの派手な攻勢にスミスはカウンター狙い。

初回ダウンしたものの終始アグレッシブに攻め続けたバレラの勝利。
ウォードのすごさが再確認された。

-階級別, スーパーフェザー

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.