アンダードッグの反抗 セルゲイ・リピネッツVS近藤明広②

アウェーで試合をする日本人はいつだってアンダードッグである。それをくつがえしたのが、西岡であった。近藤はどうなる?

リピネッツが王者になることがあたり前のような記事ばかりです。

土曜日の夜、リピネッツは説得力あるショーでIBFジュニアウェルター級王者になるだろう。
(IBFは未だにジュニア表記なんですね)

しかし彼の王座は長く続かないかもしれない。

カザフスタンのパンチャーはこの階級を統一する力を持っています。王者になっても、ビッグマネーファイトがなければ彼はウェルター級に移るかもしれない。
リピネッツは転級したクロフォードと対戦する事を望んでいました。しかし特別措置で、当時の王者、ジュリアス・インドンゴとの統一戦が組まれました。インドンゴは本来、指名挑戦者であるリピネッツと試合をすべきでした。

リピネッツのマネージャー

「クロフォードがリピネッツを避ける事はわかっていました。ハイリスク、ローリターンだからです。ビジネスだからそれはわかります。クロフォードはリピネッツを倒せたでしょうか?トップランクがそんな危険を冒さないことはわかっていました。」

リピネッツ

「インドンゴがロシアのトロヤノフスキーを破ったのでその仇を討ちたかったので残念ですが大丈夫です。私はここにいます。」

このような経緯で、日本の近藤と王座決定戦をすることになったリピネッツですがもっとビッグマネーのチャンスがあるのであれば、サーマンやスペンスのいるウェルター級に行くしかないでしょう。

リピネッツ

「最終的にはクロフォードのように全てのベルトを統一したいが、今は一歩ずつステップアップするだけです。目の前の近藤に集中したい。」

ネットのブックメーカーでは50-1とも言われる掛け率の近藤戦ですが、IBF3位、32歳の近藤は現在8連勝中であり、KOされた事もなく、負けもSDやMDばかりです。

「近藤は決してノックアウトされておらず、パンチもあるいいボクサーだ。だからこの試合のために少なくともA・B・Cのプランを持って挑まねばならない。」

「私はとにかくKO勝ちがしたい。それが私の強みです。過去の相手の半数は私と戦うまでKO負けがなかった。だから近藤もKOしたいです。」

この試合はトリプルヘッダーのオープニングとして行われます。

①デオンティ・ワイルダーVSバーメイン・スティバーン
②ショーン・ポーターVSアドリアン・グラナドス
③セルゲイ・リピネッツVS近藤明広

なので、リピネッツを観た事がないのであれば早めにテレビをチェックして欲しい。とても素晴らしいボクサーによるエキサイティングな試合になります。

リピネッツのマネージャー
「リピネッツをマニーパッキャオのようにしたいのです。彼の才能をみせるために最高の男たちと戦う準備があります。パッキャオはバレラと戦うまで、無名でした。バレラ戦後彼は爆発しました。そういう風にリピネッツもなっていくでしょう。」

土曜日の夜にリピネッツは世界王者になることで目標の一つを達成することができますが、彼が求める賞賛と報酬を追い求めて、ウェルター級に上がる日は近いのかもしれません。

------------------------------

リピネッツ寄りの記事ばかりで近藤の声がのった記事をみかけませんでした。

日本の報道では

「作戦はあるけど、まずは気持ちで負けないようにしたい」

この程度でした。

このブログでいつも言ってる、格上相手とのアウェーでの戦いでは、積極性で負けるな、「自分のボクシング」という殻を捨てて、倒すか倒されるかの覚悟での玉砕ファイトが必要

というのはこの試合に当てはめるのか難しい。リピネッツは狂暴なKOファイターなので、技術で翻弄されたりごまかされる事はない。黙っていてもガンガン来るので応戦するしかない。どうせKO決着型である。

いかにもケンカに強そうな厳つい狂暴ファイトをするリピネッツに対し、同じテンションで殴り合うのではなく、はぐらかす、気をそらすような厭らしさも必要だ。

近藤をじっくり見た事はないが、彼の特徴はしぶとい事だ。荒川を応援していても、近藤の粘りと抵抗にどっちが優勢かわからなくなってしまうほどでした。

結構細かく動いて、小さなカウンターをコツコツ返してやりにくい、簡単には負けない狡猾さがあります。動きの大きなリピネッツにこの細かなカウンターを期待しています。

しかしやはり、誰もをボコボコ、傷だらけにするリピネッツの狂犬オーラに呑み込まれない事です。地に足つかない序盤でこの獰猛ワールドに引き釣りこまれない事がアップセットの第一条件です。

勝つのは難しく、期待値も低いだろうが、近藤というボクサーに関しては、悔いなきファイトをしてくれるんじゃないかとおもうところがあります。

アウェーだとどこか緊張と謙遜気味になる日本人が多いですが、三垣戦でみせた闘志以上のものをみせて欲しい。

ネットでは50-1とも言われる掛け率
痛快じゃ、やってやれ!

[st-card id=10875 ] [st-card id=10206 ]

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
What’s your Reaction?
最高
最高
0
いいね
いいね
0
ハハハ
ハハハ
0
うーん
うーん
0
がっかり
がっかり
0
最低
最低
0
コメント一覧
  1. 各所で期待されてるリピネッツですが、個人的にはそんなに期待できないです
    攻防分離なのはいいんですけど、防御時からオフェンスに持っていく所作を感じません 油ハムと同じでアウトボックスされる以外でもよりインファイトに長ける選手、例えばマイダナとかに張り付かれたら封殺されるような気がします
    現時点ではジャブと追い足のないゴロフキン、下がれる代わりにやや下位互換のマイダナくらいの評価です 正直トロヤより強く見えません
    しかし近藤戦はトロヤ小川の再現になるとしか思えないです
    近藤もまた相手が自分のボクサーファイトに付き合ってくれる事が前提の「スタイル」、前に出れなくアッパーも打てずポジション理解にも乏しいカネロスタイルかと ぶっちゃけ小川ともどもちょっと強い大沢、木下くらいかと
    正直亀海を除く国内型の中量級でランカーは結構いますが、岡田以外みんなこれだと思います
    個人的には岡田にこそ一刻も早く世界に来てほしいなと思ってます
    それにしても階級毎にレベルの差はあるでしょうが、なぜ軽量級ばかりにタレントが集まるのか
    ライト級なら日本人の登録選手数も軽量級とそう変わらない筈なんですけど
    日本人の体格でスピードあるスタイルは無理とよく言われるし村田なんかはまさにその風潮を強くしそうですけど、他競技見る限りそうは思えず…

    0
    0
  2. wowowで生放送やりますね。

    近藤はKO狙って打ち合えばチャンスありかなと思いますが、、、

    0
    0
  3. 個人的印象

    ワイルダーVSスティバーン

    あまり上達したようにおもえないワイルダーに対し
    スティバーンがリベンジする可能性は結構高いとおもうが
    スティバーン、約2年ぶりの試合なんだな、こりゃキツイ。

    ポーターVSグラナドス

    誰に対しても善戦するグラナドスだが
    ブローナー戦でわかったのはしつこいけど倒すパワーがない事
    ブローナーより肉厚でパワーのあるポーター撃破は無理だろう。

    リピネッツVS近藤

    ザル防御っぽいリピネッツの穴が露呈すれば近藤にも勝機がありそうだ。
    リピネッツは力強いけど力んだパンチをブチこむだけである。
    けれどやっぱりものすごく圧力があるんだろうな。

    なので、オッズ通りだろう、たぶん。

    0
    0
  4. あとアンダーカードのポーター-グラナドスは地味にいいカードですね。メインがワイルダーの復帰防衛戦ですが、カード見る限りはセミの方が注目度が高い気がします。グラナドスは先の試合を見る限りSライトよりウェルターの方が強そうですし、ポーターは強敵ですが撃破すれば大きなチャンスになりますね。

    0
    0
  5. リピネッツじゃクロフォードに勝つのは無理だと思いますけどね。ディアスみたいにジャブでボコボコにされるかポストルみたいに持久走で逃げられるかのどっちの展開になるかまでは読めませんが、ほぼフルマークか終盤KOでクロフォードの99%勝ちでしょうね。それどころか前王者のポストルやインドンゴにもリピネッツはまず勝てないとは思います。

    リピネッツが化け物みたいに強いとは思わないですが、それでもパンチとカウンターはやばいので日本人では手に負えないでしょうが、苦労人の近藤は応援したいです。

    0
    0
  6. WBOもジュニア表記でしたっけ。

    正しくは岩佐はジュニアフェザー級チャンピオンで井上はジュニアバンタム級チャンピオンなのか。

    0
    0
コメントを残す

※相手に対し失礼だとおもわれるコメントは削除される場合がございます。

おすすめの記事