階級別 スーパーライト プロスペクト

ホセ・ラミレスVSアミール・イマム LIVE

投稿日:

この決定戦の他にオレクサンドル・グヴォジクやマイケル・コンランが出場予定です。プエルトリコ陣も多く出ていて、ホープのフェリックス・ベルデホが10ラウンドKO負けだそうです。

1R

体格はほぼ互角。
イマムが速くジャブがいいが
ラミレスのプレスとボディもいい。
イマムの強烈なアッパーが入る。

ラミレスの大きなパンチは見切れている

イマム10-9

2R

ハイレベルな技術戦。
パンチがコンパクトでシャープなのはイマム
ラミレスは詰めてから下から攻めると強烈。

ラミレス10-9

3R

ロープ際でイマムがどこまで応戦できるかだろう。
リング中央で離れているとイマムが速い。鋭い。

サッカー場のような歓声。

イマムが巧く戦っているが、ラミレスは頑丈みたいだ。
怯む気配がない。

イマム10-9

4R

ラミレスの接近戦をイマムはよく研究している。
ダッキングで捌くのが巧い。

ラミレスはプレスが強いが大振りなので精度的に厳しいか

イマム10-9

5R

ロープ際だと攻めるラミレスに捌くイマムとなるので
ラミレスは距離を潰す作戦にシフトしたい。

ボクシングをしているとイマムの方が精度が高い。

ラミレス10-9

6R

攻めるラミレスに捌くイマムという時間が多くなり
ラミレスのパンチがクリーンヒットする場面が増えた。

とても巧く戦って、コンディションは最高だとおもうが
イマムはただ巧く捌いているだけともいえる。

倒そうという意思があるのはラミレス

ラミレス10-9

7R

まだ互角の展開といえる。
精度がいいのはイマムで
攻撃にボリュームがあるのがラミレス。
イマムはスリッピングなどでダメージを殺すのが巧い。

イマム10-9

8R

いい時に止まったのでよくわからないが
攻勢のアピールタイムを作るのはラミレスなので
ラミレスが見せ場を作ったか。

イマム、そろそろきつそうで、身体をくっつけた打ち合いになってきた。

ラミレス10-9

9R

打ち合いになるとラミレスの闘志が勝る。
イマムは芯をはずしつつ勇敢に打ち合うが
攻撃の厚みでやや劣勢。これはラミレスの土俵だ。

ラミレスも大振りなので疲れる。

ダメージを逃がしているのはイマムの方だが
それでも

ラミレス10-9

10R

ここまできてまだ互角
イマムの方がダメージを逃がして効果的に当てていて
ラミレスは効く食い方をしてるし疲れる打ち方をしている。

それでも攻撃の厚みと攻めの姿勢でイマムには振れない。
明らかにラミレスが攻めたラウンド

ラミレス10-9

11R

互いにとり天敵といえるタイプで
とてもいいライバルによる接戦だ。

ラミレスの攻めの勢いが勝る

ラミレス10-9

12R

ラミレスが攻勢。
イマムは踏ん張るだけになっている。
互いに勝っているとおもっているのか
諦めない闘志がすごい。

ラミレス10-9

イマムも勝者と称えたいほどだが
ロープを背負うことなど一度もなく常に攻撃的だった
ラミレスが勝ったとおもう。

しかし、実力伯仲のいい試合であった。
センスはイマムが上だった。

115-113
117-111
120-108

ラミレス

120-108
はクレイジー

ラミレス
「夢が叶いました。世界王者になれて誇りにおもいます。
ボクシングの才能を与えられて神に感謝します。
この勝利を移民に捧げます。彼らのために戦います。

試合中自分に「お前は何をやっているんだ」と問いかけ、それが
第二の波となりチャンピオンラウンドを作れたのだとおもいます。
それがターニングポイントでした。

アミルは素晴らしい選手で準備が整っていました。
だからこそ、ファンにいい試合を提供できました。」

イマム
「もっと自分は何かをすべきでした。私に必要で足りないもの、
それをずっと考え続けています。」

マニアなら感じていたとおもうが、ラミレスは五輪代表の素晴らしいトップアマだが、プロ向きで精神力が強く2番底がある。だからこの試合も勝つんではないか?イマムは才能豊かだが、トップレベルのタフファイトでは何かが足りない。

そう感じた事前予想だったとおもいますが、そのまま試合に出た形です。

ラミレスはややモーションが大きいのが魅力でも穴でもあり、さらに上のレベルでどうなるかわかりませんが、アマ時代にロマチェンコに9-16。それを逆転する体力や体格、才能を秘めているかもしれません。ロマチェンコと言わず、マイキー相手でも・・・

またロンドン組が結果を出しました。

次は順当にいけばプログライスですが
これも甲乙つけがたい魅力的な組み合わせです。

今は、個人的には若干プログライスに傾いています。

----------------------------------------

前座
WBC暫定ライトヘビー級王座決定戦
グヴォジクVSアマール

アマールが結構善戦している。グヴォジクは巧いがパワーをあまり感じない。
グヴォジクは超優等生な教科書ボクシング。
アマールの返すジャブ等はたまに食う。
ロマチェンコも観戦してます。
今日のグヴォジクは丁寧だけどパワーを感じない。

グヴォジクに火力がなく
アマールは上体をよく振っているので
判定になるかもしれない。

最終回はグヴォジクが攻めるも
アマールの左フックカウンターがキレイにきまり
グヴォジクのアゴが跳ね上がる。
ダウンしてもおかしくないタイミングのカウンター。

グヴォジクの判定勝利だろうが、大苦戦で
精彩を欠いたのは序盤から歯車が狂い、効いたからだろう。

3-0でグヴォジク
巧いがパワーでロシア3人衆に明らかに劣る。

ベルデホ負け

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-階級別, スーパーライト, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.