階級別 スーパーライト プロスペクト 国別 アメリカ

テキサスの風雲児/バージル・オルティスJr

投稿日:

コメントをいただいたクォーティさんより、特集して欲しいというプロスペクトがいたので紹介します。

どっかで見た事ある人でしたが、今度、リナレスをKOした事だけが名誉のファン・カルロス・サルガドと戦うホープです。6月23日

バージル・オルティスJr
9勝全KO

アマ
140勝20敗

2013年ジュニアオリンピック優勝
7度の国内王者

調べると銀メダルも多いですが、全て接戦のようです。

まだ20歳ですが18歳にしてゴールデンボーイプロモーションと契約しています。

ロベルト・ガルシアにトレーニングされています。最高の環境による最高の逸材という感じでしょう。

肝心の試合はチラ見しかしていませんが、風貌や名前からもメキシカンであり、メキシカンらしい正統派なファイトをします。175センチと上背もあり、体つきも華奢ではありません。パワーも耐久力もあるので、自信満々に強打を打ち込んでいる感じです。

こんなに強力な人材の宝庫なので入れてませんでしたが、次世代の王者候補でしょう。ライアン・ガルシアやデビン・ヘイニー、さらには五輪組のシャクール・スティーブンソンと並んで次の米国を担うホープといえそうです。

最近はメキシカンスタイルにやや限界を感じており、テレンス・クロフォードやワシル・ロマチェンコのようなスリック&スペシャルなテクニシャンには通じないんじゃないかと感じていますが、今も王者は多いですし若くしてひょろい、脆い部分を感じないので、スパークするかもしれません。

個人的にはこの2人、特に成松に勝ったバルデラスが好みですが、キャリアが順調かどうかはわかりません。

我ら米国五輪組/カルロス・バルデラスとテオフィモ・ロペス

それぞれ、アメリカを代表してリオ五輪に出た同士。まだ21歳と20歳です。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow pukubox

続きを見る

メキシカンはプロらしい倒すファイトをしますが、パンチにモーションとタメがあり、繋ぎが遅いと感じます。それでもホセ・ラミレスのぶん回しボディなんかは圧巻ですが・・・まだラミレスの方が強いんじゃないかなぁ。

こんな逸材でもまだまだキャリアを積んでいく段階なのが羨ましいです。

それにしても、サルガド、頑張れや。

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーライト, プロスペクト, 国別, アメリカ

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.