階級別 スーパーライト プロスペクト

チェチェンの狼/アーサー・ベテルビエフじゃないよ、ビヤスラノフだぞ

投稿日:

チェチェンの狼というこの写真、Arthur Biyarslanov、よく読まず、すっかりベテルビエフの事かとおもいつつ、痩せてるなぁ、今と顔が違うなぁ、若い頃かな、なんて動画をみてたら別人じゃん。でも、系統は一緒やん。

アーサー・ビヤスラノフ
スーパーライト級

本名
モブラディン・ビヤスラノフ
1勝1KO

アマ
85勝13敗
リオ五輪カナダ代表
2回戦でドイツ代表のアーテム・ハルチュンヤンに敗退。

ハルチュンヤンは準決勝でロレンゾ・ソトマヨール(アゼルバイジャン)に敗退。

ややこしい、ビヤスラノフはチェチェン人(ロシア)なのにカナダ代表
アーテム・ハルチュンヤンってドイツ人の名前じゃないだろ、やはりアルメニア人
現在プロで5勝4KO
ソトマヨールってキューバ人だろ、でもアゼルバイジャン代表

皆がみな、祖国を代表してません。

複雑怪奇な魑魅魍魎ですが、ベテルビエフ、じゃなくてビヤスラノフを紹介します。

Arthur Biyarslanov: The Chechen Wolf | Boxing Highlights

ビヤスラノフの家族は終わらないチェチェン紛争のため4歳で祖国を離れた。
10歳でアゼルバイジャンからカナダのトロントに移り、兄が護身のためにはじめたボクシングを2007年からはじめた。
アマチュアで85勝13敗の記録を残し、全国大会で4度優勝した。
2015年、パンナムゲームでキューバのヤスニエル・トレドを破り金メダルを獲得
2016年のリオ五輪にカナダから唯一出場した。

この風貌、サウスポースタイル、いいファイターであることは間違いないが
米国だけでもこれだけ険しい

世界より険しい場所/米国ライト級(周辺)ホープ事情

ノックアウトのカタルシスで言えば、最近の試合では、ロマチェンコVSペドラサの前座に出てきた、テオフィモ・ロペスの右は震撼であった。そんなロペスを調べてみると米国にアマの天敵がおり、プロになっていた。1 ...

続きを見る

にあってアメリカ以外にもすごい逸材は揃っているなぁ。
ウズベキスタンのショージャホン・エルガシェフは今度、米国無敗の192センチ、マイカル・フォックスと戦うそうだ。

話がそれたついでに、このビヤスラノフに五輪で勝った

アーテム・ハルチュンヤン

プロで5勝4KOなもんで紹介しておきます。

ドイツのハンブルグ拠点なので、こんな地味な会場で細々やってますが
マチズモに溢れ、余裕しゃくしゃく釈由美子です。

スーパーライト級は大変です。

2019世界へ飛躍するランカー達よ/Sフェザー級~Sウェルター級編

3部構成は大変でした。軽量級より見逃せないファイターが多いせい。結局は、米国主導で今の王者達で賑わう事になりそうですが、新たなスター誕生も期待したい。この中で皆さんのお気に入りを探し2019年全力で応 ...

続きを見る

ここに出てないプロスペクトがモリモリです。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーライト, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.