階級別 スーパーライト プロスペクト

人生はコメディ・勝利まで残り15秒/サム・マクスウェルVSサブリ・セディリ

投稿日:

墓穴を掘るとは英語で
to bring calamity upon oneself
to put your foot in it
to dig your own grave

とか言うそうです。
そう書かれていたわけじゃないですが、すごい教訓になる試合、こういうのは人生と同じなのだ。ボクシング万歳!

サム・マクスウェルは試合時間残り15秒で逆転ノックアウト勝ちした。

30歳のスーパーライト級、レスターのマクスウェルはフランスのサブリ・セディリに対し、初回と2回にダウンを奪われ、スコアカードでは負けていた。10ラウンドに入るとセディリはアゴを突き出してマクスウェルを挑発する余裕をみせた。

しかしマクスウェルは決して諦めず、残り15秒でベストショットを当てた。

大の字に倒れたセディリはなんとか立ち上がるも、深刻なダメージを受けてレフリーは試合をストップした。

コモンウェルスゲーム銅メダリストのマクスウェルはこれでプロ戦績を11勝9KO無敗とした。この勝利でWBOヨーロッパスーパーライト級王者になった。セディリはこれがプロ初の敗北となった。

元々マクスウェルはスペインのケビン・ドーテルと戦う予定だったが急遽セディリに変更された。

残り10秒での逆転ノックアウト | ボクシング動画アンテナ
残り10秒での逆転ノックアウト | ボクシング動画アンテナ

Sam Maxwell was losing, had been knocked down and taunted by his opponent and then I the last 10 sec

続きを見る

最後まで諦めないを体現した面白い試合です。ただ最後に逆転ノックアウトしただけでなく、この回はセディリのパンチでマクスウェルはダウンしかけています。

相手を挑発する、おちょくるという行為はそれだけ自分に余裕がない証拠、愚行なのだ。
というのはボクシングでもその他の人生にもズバリあてはまる。

舐めた、相手をおちょくるパフォーマンスをして墓穴を掘ったセディリに対しては

セディリは大事な事を学んだんだとか、リングで生意気な態度をしたからこれは運命だ、などの声が溢れたという。

頂点を知るリバプールラッド(少年)/サム・マクスウェルと英国勢

前から知っていて紹介したかったけど、なかなか情報がないので控えていました。30歳と決して若くなく、最激戦区のスーパーライト級なので道は険しいでしょうが、戦国の米国ではなく英国なので 違った形でチャンス ...

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーライト, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.