アンケート 階級別 スーパーライト WBSS

逆境だらけのベラルシアン/イバン・バランチェクVSジョシュ・テイラー

投稿日:

首を長くして待っているWBSS準決勝、アメリカは今月下旬、スコットランドも約1カ月に迫りました。まだ参加が明らかでないイバン・バランチェクには幾多の試練が待っているようだ。

IBFスーパーライト級(IBFはライトウェルター級表記)王者のイバン・バランチェク(19勝12KO)は5月18日のWBSSでジョシュ・テイラー(14勝12KO)と対戦する見通しのようだ。バランチェク陣営はマネージャーのデビッド・マクウォーターを中心にWBSSからの撤退を示唆していたが、なんとか出場できるようWBSSの役員と交渉しているという。

WBSSを撤退するならば、IBFはバランチェク(26歳)の王座を剥奪することが可能だ。空位の王座をジョシュ・テイラーと誰かで組むことになる。

アピナン・サクレアリン、マキシム・ダダシェフ、アンソニー・イギット、レイムンド・ベルトラン、ショジャホン・エルガシェフ、イヴ・ユリス、アレクサンダー・デュラン、ライアン・マーティンのいずれかになるだろう。

WBSSはこの試合の入札に成功したと伝えられている。つまり、バランチェクが撤退するならばタイトルは剥奪されることを意味する。試合はすでに1カ月後であり、チケットも販売されている。試合が行われないのであればファンにとっては悪い知らせとなる。

バランチェクが出場するとしても厳しい試合が予想される。試合地のグラスゴーはロンドン五輪代表のテイラーの地元だ。通常は王者の地元が優先されるが、今回はホームアドバンテージを持つテイラー(28歳)が優位だ。ジャッジがフェアでさえあればボクシングファンはさほど気にしないのだが。

しかし昨年6月に行われた、テイラーVSポストルの試合は実際のスコアよりはるかに接戦だった。スコアは117-110、118-110、119-108。しかし実際はテイラーがせいぜい2ポイントリードくらいの内容といえた。

バランチェク戦でも同じようなジャッジになるならば、バランチェクはテイラーをノックアウトしなければならない。グラスゴーでテイラーに判定で勝つのは難しい。

ジョシュ・テイラーVSビクトル・ポストル LIVE

ザ・SSEハイドロって変わった名前の会場です。私の好きなスコッチの国、でも判定は露骨、ポストルは強いのか、ホープの踏み台になってしまうのか・・・ この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイ ...

そういえば忘れてならないのは英国でもとりわけスコットランドは地元判定がキツイ地であるということ。上記、テイラーVSポストルもポストルのダウンさえなければ結果はわからぬ接戦であったのにあのスコア。レイムンド・ベルトランやキリル・レリはリッキー・バーンズを凌駕していたが判定に泣いた。

リッキーバーンズVSレイムンド・ベルトラン他

昨日行われた試合。精力的に戦う王者ですがいつも地元で日本人に似た境遇のバーンズです。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイートするTwitter で Follow pukubox

リッキー・バーンズVSキリル・レリ

懸念どおりの結果になってしまった。 サッカー場みたいな声援のバーンズの地元スコットランドグラスゴー。 出てしまった結果はくつがえせないけど、結果を信じず自分の眼で検証してみよう。 やっぱ、キリル・レリ ...

リッキー・バーンズvsキリル・レリ。この判定、おかしいだろ!? : 〜The answer is inside of me〜答えは、自分の中にある
リッキー・バーンズvsキリル・レリ。この判定、おかしいだろ!? : 〜The answer is inside of me〜答えは、自分の中にある

"MAD  BEE"、、、狂った蜂。 そんな異名を持つベラルーシの男が、キリル・レリ。 相対するリッキー・バーンズ、、、好戦的な選手 ...

続きを見る

上記では出ていないがバランチェクが撤退すれば、このリッキー・バーンズとジョシュ・テイラーの同国人対決が噂されてもいた。歴史ある紳士の国に井上尚弥発見山という見出しだけが踊っているが、ここはやりたい放題の不当判定の地でもあることを忘れてはならない。

撤退すれば王座を剥奪されかねないといわれるバランチェク、こんな状況で練習やコンディションは大丈夫だろうか?今でも参加を信じているがKOしかない。ビクトル・ポストル戦を観よ、テイラーは怪物のように強いファイターではない。

という事で王者なのにアウェーで苦境のテイラーより2歳若いバランチェクを全力で応援する。

プログレイス然り、選手は恐らく試合に出たい、アリトロフィーを目指したいやんね。
マクウォーターさん、金は後から付いてくるよ。
まずは名誉を・・・

Ivan Baranchyk – The Beast (Highlights / Knockouts) | ボクシング動画アンテナ
Ivan Baranchyk – The Beast (Highlights / Knockouts) | ボクシング動画アンテナ

Highlights of the hard punching current IBF Super Lightweight world champion. PayPal Donations: hanz

続きを見る

【SL級最強トーナメント優勝候補 その2】ジョシュ・テイラー 颯爽KO トップ10 Top 10 Knockouts of Josh Taylor | ボクシング動画アンテナ
【SL級最強トーナメント優勝候補 その2】ジョシュ・テイラー 颯爽KO トップ10 Top 10 Knockouts of Josh Taylor | ボクシング動画アンテナ

世界戦未経験にもかかわらず、WBSSスーパーライト級最強トーナメントの優勝候補とされる、スコットランドの大型ホープ、ジョシュ・テイラー。ここでは、テイラーのKO勝利をまとめ、印象の強い順にトップ10と

続きを見る

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-アンケート, 階級別, スーパーライト, WBSS

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.