階級別 スーパーミドル

王様の威厳/カネロ・アルバレスVSアブニ・ユリディン

投稿日:

カネロ様が2カ月のスパンで試合。

個人的に一番楽しみだった、マルチネスVSアローヨはマルチネスの怪我でまた延期。

かつては一緒に練習していたカネロとユリディン、ユリディンはSミドルではガッチリ型で決して背は高くはないが、カネロと比べるとやはり2回りくらいはデカイ。

しかしさすがに過去の試合をみれば、ユリディンに勝ち目はなさそうだ。
トルコのファイターとしてミリオンダラーファイトだろうから、それがこの試合の重要な部分だろうか。

カネロのスタイルは言うに及ばぬ。
柔軟なボディワークとディフェンスで、被弾もダメージも受けず、小さいので必ず相手をコーナー、ロープに詰めてコンビネーション。これが現代最高峰のボクシングとされている。

ユリディンは、国籍、風貌からしていかにも頑丈、屈強なファイターだが、ディフェンスはブロックのみで愚直で被弾多く、ユーバンクJrにはあっさりと破壊された。

その後、ロレンガ・モックという当時46歳のファイターとも接戦だったし、アンソニー・ディレルにも負けているので、あまり多くは期待できないが、それでも彼の持ち味はごまかしなしのフィジカルごり押しだろう。

距離は詰まるから、その時に打ち負けないことだ。

カネロ様は2021年は4試合、5月にはビリー・ジョー・ソーンダースとの試合も内定している。
WBSS優勝のカラム・スミスを圧倒した男が、1回戦で負けたユリディンに負けることはまずないが、ユリディンの本気に期待したい。
個人的な見どころは、カネロの内容がユーバンクやディレルと比べてどうなのかだ。

日本の村田諒太はまだ2月なのに、今年の大みそかにGGGとの対戦の話が出ていた。
その前に1戦、挟みたいようだが、ならばユーバンクとやろうよ。WBAに2人いる王者なのだから。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーミドル

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2021 All Rights Reserved.