階級別 スーパーミドル

カラム・スミスVSジョン・ライダー LIVE

投稿日:

気を取り直して早朝のこの試合から。スミスは確実に勝ってカネロとの試合を目指すそうだが目的はカネロかオカネか、勝利と金、両方を得るのは難しいとおもわれるが、まずは目先の試合。

地味にライダーに期待している。

123456789101112R
スミス
10
10
9
9
9
10
9
10
10
10
9
9
114
ライダー
9
9
10
10
10
9
10
9
9
9
10
10
114

1R

すごい体格差。
身長差だけならカネロVSコバレフの比ではない。

スミスの距離でライダーは何もできないとおもったら
踏み込んで距離を詰めてボディ打ち

全体的にはスミスのジャブ、ストレートか

スミス10-9

2R

ライダーが距離を詰め重そうなパンチを打つ。
離れるとスミスも鋭いパンチを放つが
共にブロッキングでまともには食わない。

ライダーのプレッシャーがいい感じに機能しているが
全体的にはスミスのパンチが鋭い

スミス10-9

3R

ライダーのダッキングとヘッドムーブ、ブロックがよく
スミスのパンチはまともにヒットしないが
手数はスミスが多く、ライダーはもう少しプレスを強めたい。

しかし詰めた時のライダーのフックやボディの方が
スミスの身体に当たっており重そうだ。

ライダー10-9

4R

ライダーの距離になってきた。
スミスはガードを固めてライダーをやり過ごし
打ち返す。ライダーペースかもしれない。

離れてスミス
詰めてライダー

が顕著になってきた。
スミスは右目横をカット
バッティングだろう。

スミスの地元だが

ライダー10-9

5R
スミス有利な採点になっているだろうが
スミスにとって最も厳しい試合となっている。

スミスよりライダーの方がフィジカルもパンチも強そうにみえる。
スミスが必死に手を出しペースを手繰り寄せるが
ライダーの方がパワフルで効いているのはスミスだろう。

ライダー10-9

6R

ライダーはボディを増やしていきたい。
結構やれてるので顔面に気持ちがいっている。
ライダーはやや一発を狙っている。
スミスがジャブや手数を多く返す。
スミスの右アッパーが強く入った。

ライダーは狙いすぎで空回りした。

スミス10-9

7R

スミスにとってはWBSSよりはるかに苦しい試合。
手数で試合を作っているのはスミスだが
パワフルで危険なのはライダー。

スミスが必死に手を出すも
強引に身体をくっつけ前に出るライダーのパワーが
上回る。スミスはこんなところで負けられないという意地
があるが苦しい。

ライダー10-9

8R

フェアにみてるつもりだが
スミスの地元なので全てスミスについているのかもしれない。
しかしスミス危うしな内容である。

距離があるとスミスの手数やパンチがキレるが
プレスをかけるとライダーが攻勢だ。
スミスは小さなライダーの頭にも手を焼いている。

この回は手数で勝ったスミスだが
倒されるならスミスかなというムードがある。

スミス10-9

9R

ややスミスの方が見栄えがいいボクシングをしたが
パワフルでもう倒れないだろうなと感じるのはライダー

スミス10-9

10R

KOを狙って力強くアタックするライダーと
必死にそれをいなすスミスという感じで
KOムードは完全にライダーだが、スミスがなんとか捌いているので
ポイントは

スミス10-9

11R

場所、ボクシングの政治まで考慮してスミス寄りにつけているが
ダメージはスミスの方にあるだろう。

ライダーは多少強引でも前に出てシュートフックの連打。
プレッシャーをかけてノックダウンを狙う。

クリーンヒットをもらわず必死に対抗するスミス
チャンピオンシップラウンドらしい打ち合いに終始するも
明らかにライダーの迫力が上回った。

倒せなければスミスの判定勝利だろうが
内容はライダーのファイトといえる

ライダー10-9

12R

残る力を出し合うがライダーの方がパワフルで余力がある。
スミスは倒されないので精一杯だが本能で打ち返す。
ライダーの大健闘だが、場所と人気を考えると倒すしか勝てないだろう。

ライダー10-9

判定でスミスだとおもうけど
内容はライダーのものだった。

ボクシングシーンでは117-111でライダー
私の採点は人気と政治を考慮して、際どいラウンドは全てスミスとした。

117-111
116-112
116-112

スミス

地元判定と人気でスミスと出た。
イギリスは改めてジャッジが酷いな。

スミスの調子が悪いようにも、ライダーが相性的にも苦手、強いだけにもみえたが、ダメージ的には明らかにライダーの勝ちだった。スミスは技術でごまかした形。ライダーはノックアウトしないと勝てないスターが相手だった。

やはりこの階級はデビッド・ベナビデスが最強だ。
マイP4Pに書き忘れたな。

スミスは長身すぎてややひ弱さが拭いきれない。

”正直に告白すれば、ジョン・ライダーの勝ち試合でした。” Click To Tweet
ジャイキリなんて言わせない/京口紘人VS久田哲也、カラム・スミスVSジョン・ライダー

本日、TV中継はないそうだが、ネット配信ならあるそうだ。京口の試合は前回もこんな感じだった。何かのアンダーくらいでないとなかなか放映は厳しそうだ。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツ ...

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーミドル

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.