スポンサーリンク



階級別 スーパーウェルター プロスペクト

ララ・チャーロ・ハード・ガウシャ・ルビン・トラウト LIVE①

投稿日:

3試合もある事をおもえば、今年最高に燃える一日かもしれない。挑戦者も含め楽しみすぎる。ガウシャさん地味だなぁ。この顔が主役になったりして・・・ちょっとアンドレ・ウォードに通じる地味さです。

ちゃんと観れる環境を整備するのみ。
ハードに負けたトニー・ハリソンも出ます。
チャーロのは脇汗か?

前座にジャスティン・ハードというSウェルターが出ますがジャレットの弟だろう。

ジミー・レノンさんはこれがあったから英国のWBSSに行けなかったんだな。
すごい多忙だな。

ジャレット・ハードVSオースティン・トラウト

1R

互角だなぁ。ジャブの差し合いでハードがトラウトに負けているということはない。
威力の点で

ハード10-9

2R

体格差でハードがプレスをかけるが
トラウトが横に動いて的を絞らせない。

ハードが圧力とパワーで捕まえるか
トラウトがスキルで捌くか

のような展開

トラウト10-9

3R

下がりながら応戦するトラウトの方がパワーレスだろうが
いいタイミングのパンチをハードにビシビシ当てる。
ハードは少しの被弾も気にせずトラウトを追うが
掴まえられない。

トラウト10-9

4/5R

映像止まりがちでわからないが
同じ展開ながらハードの右がヒット

わかんないので

2ラウンド10-10とする

6R

若さ、体力でハードが押しつつあるが
必死に手を出しクリーンヒットを多く当てるのはトラウト

しかしハードの右でトラウト腰くだけ

ハード10-9

7R

解説は59-55でトラウト支持

トラウトが技術で勝っているけど
ダメージもトラウトの方がある。

ハードは倒し切りたい。

ハードは手をダラリトと下げてノーガードでのしのし追う。

ポイントはトラウトか
フラフラだけど技術で対抗している。

トラウト10-9

8R

最後まで立ってればトラウトかもしれない。
ハードは潰しにいくしかない。

またハードの圧力が効いてトラウト腰くだけ
ダウン寸前も必死に抵抗。

この手数をとるかダメージをとるかで微妙な試合だ。

ハード10-9

9R

トニー・ハリソン戦の再現のような展開だ。
もっとハードは劣勢だけど。

ハードの右はチョップのような軌道でコンパクトなので
終盤でも当たる確率は高い。

追うハードとさばくトラウト

トラウトに倒す余力はなくなった。

ハード10-9

10R

両者の傷のチェック。
ハードは流血、トラウトは腫れで目が塞がっている。

テクニックはトラウトだが、ダメージもトラウト
このまま判定になったら採点が難しい。

ラスト、トラウトフラフラでハードのラッシュあり

ハード10-9

トラウト、腫れと消耗がひどくドクターストップ。

結果的にはハードがトラウトをはじめてKOした事になった。

トラウトの執念と高い技術が発揮されたので
とても無念そう。

トニー・ハリソン戦に近い内容で
ハードはボディワークの達人ではあるが
組み立てが雑で、キレもない。

体格、体力で相手を消耗させて潰すのが持ち味だな。
若さと体力で勝った。

この階級のトップオブザトップは今のままじゃ難しそうだが
タフな試合を制し、いい経験をした。

タフで打たれ強いし。

両者、健闘を称え、いい試合であった。

-階級別, スーパーウェルター, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2017 All Rights Reserved.