階級別 スーパーウェルター プロスペクト

野蛮な規格外が挑む日/ジャレット・ハードVSエリスランディ・ララ

更新日:

Superflyのようなイベントではないため、今回は単独興行となるSウェルター級統一戦。しかし察するにあまりに強い勝ち方をしたジャーメル・チャーロに相応しい相手がこのタイミングで見つからなかったのだろう。

1位:ジャーメル・チャーロ
2位:エリスランディ・ララ
3位:ジャレット・ハード

アンケートではこのように出ており、やはりラスボスはジャーメル・チャーロなのだ。キューバの至宝も好きですが、無冠の頃から応援していたハードを応援したいとおもいます。

ハード
「私がトラウトに勝った時、ララはトラウトはもうすぐ32歳の年寄りだといいましたが、あなたはもうすぐ35歳でもっと年寄りです。皆、あの試合を軽視しているようだが、トラウトの動きはよく、劣化などしていなかった。私の圧力に屈しただけだ。ララは最もキャリア豊富な王者です。私がプロになった時はすでにトップ選手でした。彼のことをたくさん研究してきました。私はボクシングでトップになった事はないが、ララはトップの男です。年齢のことをとやかく言われるが、気にしていません。勝つために試合をするだけです。」

ララ
「私と戦いたがる相手は少ないのでハードのことを賞賛します。ハードのボクシングスタイルが好きですが、私は彼よりもっと優れたボクサーと戦ってきました。ハードはそのうちトップ10にも入りません。家族と子供のために戦い、ベルトを家に持って帰ります。」

ハードはやけにトラウト戦を引き合いに出すが、ララは似て非なる選手だろう。ララの自信は実績に裏付けされたものだが、そのわりに退屈な試合ばかりだし大差でもなく際どい試合が多い。どちらも言葉に説得力はありません。

ララというのは本当にアマチュアの実績がすごくて、ありとあらゆる選手に勝っています。ハードはアメリカのローカルに過ぎませんでした。

大局的には、大きくてタフなハードがララにプレスをかけて潰せるか、ララが捌いて職人ぶりをみせつけるかのどちらかで、ララにやや予想が傾いている感じだろうか?

私がハードを好きなのは、大きくて頑丈なところでも、プレスが強いファイターなところでもなく、肉を切らせて骨を断つスタイルながらも武骨なファイターではなく洗練されたフェリーシェルの達人だからであり、ショルダーブロック、ボディワークで芯をはずす身のこなしと最短軌道のコンパクトなパンチに惚れたのだが、さすがにこのレベルになると、デカいファイター扱いか・・・

ハードがその利点を生かしてララにゴリゴリプレスしつつ、私が好きな巧さ、ノーモーションのコンパクトなストレートやアッパーを当てることができれば、きっとこのキューバの難敵を攻略できるだろう。

最近ハードを知ったファンには是非、彼がただのデカいファイターではないところに注目して欲しいとおもう。ジェームズ・トニーと亀海が融合したようなそのスタイルに俺はホレたんだ・・・

その他

ジュリアン・ウィリアムスVSナサニエル・ガリモア

ジャモールに敗れ、王者には一歩足りなかったウィリアムスの再起ロードにガリモア。

ノープロブレム/ナサニエル・ガリモア

全階級で最激戦区のSウェルター級のダークホース。こういう選手は好みです。ジャマイカ生まれの米国育ち、粗削りだけど磨けば輝くダイヤの原石です。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイート ...

続きを見る

両者にとり大事な試合、さすが本場です。
洗練ではウィリアムスですが、野蛮で規格外の才能はガリモアです。
ガリモア応援です。

IBFスーパーミドル級タイトルマッチ
カレブ・トゥルアックスVSジェームス・デゲール

昨年のアップセットジイヤーにも選ばれたそうだが、アップセットではない。デゲールはそれくらいギリギリの王者だ。ダイレクトリマッチ決まってデゲールはしてやったりだが、こういう試合はトゥルアックスを応援したい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーウェルター, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.