階級別 スーパーウェルター

これぞ王道/Sウェルター頂上決戦

投稿日:

ハードVSララは改めてじっくり観戦するに値する濃い試合ですね。トラッシュトークもあまりいらない。もちろん敗れたララが失うものは大きいですが、敗者にも大きな評価の損失はない素晴らしい内容だったとおもいます。

ララはもっと足を使い退屈でも簡単な試合に出来なかったのかしなかったのか・・・
再起のモチベーションはしばらくは大変でしょうが、劣化等、落ちたイメージは全くないのでこれからも出来る限り活躍して欲しいです。

ララ
「ラストラウンドのダウンを除いて、簡単に勝っているとおもっていた。私は勝っていた。あのダウンだけで決まるべきではありません。再戦がしたいです。最終回はカットのせいでみえなかった。」

ロニー・シールズ(ララのトレーナー)
「ハードはいいファイターだが、ジャッジが不公平だ。ラスベガスではララはいつもジャッジに泣かされている。カネロ戦もカルロス・モリナとの試合でもジャッジが不公平でした。」

6月9日、レオ・サンタクルスVSアブナー・マレスの前座で、チャーロの防衛戦が予定されていますが、相手はまだ決まっていません。

チャーロ
「私の出番です。ハードよ、戦いましょう。ハードは俺の方がララより厳しいとおもったからララを選んだだけです。ララ戦の前から俺とハードが戦う話はありました。俺のパンチに耐えるためにハードはディフェンスを改善しないとね。ララはいつものように足を使えばハードに勝てたのにな。」

スタイル、相性的に、チャーロはララよりずっと楽な相手だとハードは考えています。

ハード
「スウィフト(俺)は誰からも逃げない。俺が一番だ。試合をしよう。俺がどんなボクサーなのか、チャーロは引き出してくれるだろう。俺にはスピードがないとか、ただのゴリ押しファイターだと言う奴もいるけど、俺は普段はバックステップのカウンターパンチャーであり、皆がおもっているよりシャープだ。今や俺がチャーロを追いかけることなんかない、チャーロが俺を追い求めるべきだ。はっきりはわからないが、チャーロとの試合は秋には実現するだろう。奴と戦うまでは俺は階級を上げたりしないよ。」

順当にチャーロが6月に勝てば、チャーロVSハードの頂上決戦は実現しそうです。互いがウィークポイントであるかのようなスタイルを持った両者なので非常に楽しみな組み合わせであり、これぞボクシングの王道だとおもいます。ハードはゲームを攻略するような試合を重ねて今の地位までたどり着きました。過保護にやってきたわけじゃないから逞しい。

しかしこの日、対面したようですが、6月のチャーロの対戦相手がケル・ブルックならば、どちらが勝ち上がるかはわかりません。ゾクゾクする組み合わせです。

とてもいい感じの階級だなぁ、理想的です。

チャーロに腋臭がなきゃいいが・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

関連ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーウェルター

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2018 All Rights Reserved.