階級別 スーパーウェルター プロスペクト

オハイオの若鷹/チャールズ・コンウェル

投稿日:

米国リオ五輪ミドル級代表一回戦でビカス・クリシャンに負け

インドのマービン・ハグラー/ヴィカス”インディアンタンク”クリシャン

村田の敗北で大金の夢が消えたボブ・アラムですが、勝ったブラントと即契約、アジアの別の期待の星とも契約を交わしました。エロール・スペンスとの因縁がある、インドのヴィカス”インディアンタンク”クリシャンで ...

プロ8勝6KO

身長175センチ
リーチ170センチ

と小柄なため、プロではスーパーウェルター級で戦っている。9人兄弟で五輪代表時は高校生で最年少。

世界より険しい場所/米国ライト級(周辺)ホープ事情

ノックアウトのカタルシスで言えば、最近の試合では、ロマチェンコVSペドラサの前座に出てきた、テオフィモ・ロペスの右は震撼であった。そんなロペスを調べてみると米国にアマの天敵がおり、プロになっていた。1 ...

ライト級周辺がこのような激戦区なのと同様に、ウェルター級~ミドル級あたりの層の厚さも半端ない米国勢、数と戦績の良さだけなら、世界ランキングよりも険しいとさえいえます。

米国内の層の厚さをみるにつけ、ライト級から上の日本人の世界的な活躍なんて無理だと感じてしまいます。五輪ではなぜ振るわないのだろう?本当に国内を勝ち抜いた一番のアマチュアを選出しているのだろうか?

五輪は初戦で散りましたが、華の米国勢なのでやはりトップエリートです。

そのボクシングは黒人らしいスリックな躍動感というよりは、がっちり基本に忠実、もちろん黒人選手特有の速さや迫力はありますが、意外と大人しい頭脳的で地味なスタイルにみえます。ロンドンで感じたテレル・ガウシャに似た印象でしょうか。

階級にしては小柄で、がっしりしているので、このスタイルがいいのかもしれませんが、突き抜けることはできるでしょうか、まだ21歳と若いので、今後に注目です。

BOXRECでは

イサイア・スティーン22歳の弟と書かれていますが、名前が違うけどどういう事だ?この人もまた11勝9KOと完璧レコードです。
http://boxrec.com/en/boxer/751277

デビッド・マクウォーター(マネージャー)
「チャールズは世界で最も有望なファイターの一人です。世界中で厳しいファイターと戦ってきたキャリアがあります。来年はスーパーウェルター級のトップ候補に躍り出るでしょう。」

コーンウェルは、ディベラ・エンターテイメントとホールデン・プロモーションと契約しキャリアを構築している。

最大手ではないが、最近は本当にエリートアマチュアのプロ化が進んでいます。

若手ではウェルター級ですがこの男が最初に勝負に出てきそうな気がしますが、今の王者たちが受ける余地はなさそうです。

ネクストウェルターセンセーション/ジャロン・エニスVSレイモンド・セラーノ

ウェルター級はトップ、有名どころ以外でも興味深い選手が多くいます。きっと多くいるでしょう。世界各地、一番人口が多いかもしれない階級なのだから。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツイー ...

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


ボクシングランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーウェルター, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.