階級別 スーパーウェルター ヘビー プロスペクト

風に立つガーナ/エベネゼール・テテー・パトリック・アロティ

投稿日:

最近レジェンドシリーズばかりなのは新しいボクシングネタに飽きたのか、ますますじじいになったのか・・・書きたい、書くべき試合がないもんねぇ、井上尚弥VSノニト・ドネアしか。でもWBSSの体たらくで進展ないし。なので独自の視点で、プロスペクトを紹介しつつ、自分のために予習してみます。

ハイメ・ムンギアVSパトリック・アロティ

9月14日、カネロの出番の代わりに子分のムンギアで引っ張ります。
快進撃の若者ムンギアは、井上岳志戦、デニス・ホーガン戦で停滞しました。
やはり若さが出たか、スケール感のあるメキシカンだが、ボクシングが大味、イケイケなのである。
いい学習曲線といえるのかそれともスランプか・・・

特にデニス・ホーガン戦は採点すると負けみたいな試合で、人気アイドル候補だから救われた形。ホーガンと再戦するのが筋ですが、派手にノックアウトで復調したいから別の相手を見つけてきました。

パトリック・アロティ

40勝30KO3敗

戦績は立派だが、ガーナ以外、チャールズ・マニューチ、パトリック・ティシェイラ、カナト・イスラムに明確に負け。国内止まりの壁を突破できていない。

カナト・イスラム以外ははっきりとムンギア以下といえるので大いに不利は否めないだろう。

ダニエル・デュボアVSエベネゼール・テテー

9月27日、コモンウェルスヘビー級タイトルマッチだそうです。
国内ライバル、ネイサン・ゴーマンに勝ったデュボアは休むことなくベルトコレクションを増やす意気込みです。エフェ・アジャグバ等好きな選手はいても、ダニエル・デュボアこそ次の世界王者候補ナンバーワン、今でも王者に勝てるとおもっている私としてはデュボア押しですが、対戦相手のガーナ人もなかなか不気味だ。

エベネゼール・テテー

19勝16KO

キャリアは全部ガーナでローカルファイターの域を出ないが、だからこそミステリアスだ。クルーザー級上がりで緩いヘビー級のようだが、いかにもエリート型で完成度の高いデュボアにテテーのナチュラルな野蛮さがハマる可能性もなくはない。

アイザック・ドックボーやリチャード・コミー、古くはアズマー・ネルソンやアイク・クオーティーのガーナだから取り上げてみただけ・・・ガーナのボクサーはみなパンチを強振するのでKO率が高い。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーウェルター, ヘビー, プロスペクト

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.