階級別 スーパーウェルター レジェンド

視界不良なミスリード/(アメリカン・ドリーム)デビッド・リード

投稿日:

最短世界奪取、複数階級最速制覇・・・最短、最速そんな記録はいらない。これはキャリアを急ぐ日本のボクシング界、関係者に是非読んで欲しい記事だ。

いつの時代もスポットライトを浴びて、世界を変えるヒーローとして宿命づけられるファイターがいる。元世界ジュニアミドル級王者、(アメリカン・ドリーム)デビッド・リードがそうだった。

デビッドの物語は栄光と悲劇、その両方だ。

フィラデルフィアのリードはトップアマチュアとして1996年のアトランタオリンピック米国を代表。恐らくこれが米国オリンピック史上最後の偉大なチームだった。

フェルナンド・バルガス、エリック・モレル、デビッド・ディアス、アントニオ・ターバー、そして未来のグレート、フロイド・メイウェザーJrなど、のちの世界王者が集結していた。

アトランタオリンピック決勝、リードはキューバのアルフレド・デュベルゲルに大きくポイントリードされていた。しかし右の一発で大逆転、デュベルゲルをノックアウトし、アメリカ唯一の金メダリストに輝いた。

未来を嘱望されたリードのプロデビューは慢性的に下がった左瞼の治療のため少しだけ遅れた。リードの特徴的な左瞼は、1995年のアマチュアの試合、ダニエル・サントス戦で痛めたものだった。

その左瞼が彼のボクシングキャリアに永遠の影を落とすことになる。

1997年3月21日に100万ドルの契約金、鳴り物入りでプロに転向。HBOでプロデビューを果たした最初のボクサーになった。デビューから期待値の高いリードの対戦相手は皆キャリアが豊富だった。元世界王者のホルヘ・バカを含む強豪に勝ち続けた。その試合の全てがFOXやHBOで全国放送され、リードはもはやセンセーションでありアメリカの期待を一身に背負っていた。

1998年、連戦連勝の中で最高のひとつが元世界王者のサイモン・ブラウンに対する勝利だ。その後無敗のサウスポー、ジャームズ・コーカーとの試合で厳しい試練に直面。2度のダウンを喫する苦しい内容ながらユナニマスで勝利、戦績を11連勝とした。陣営は未来のヒーロー、リードの出世を益々急いだ。

わずか12戦目でWBAジュニアミドル級王者のローラン・ブドゥアーニに挑戦、見事判定勝利で世界王者に輝いた。

2度目の防衛戦、キース・ムリングスはリードにラフな肘打ちなどを仕掛け、大苦戦となるもこれを判定でクリア。ビッグネームの対立王者、フェリックス・トリニダードとの大一番を迎えた。

トリニダードは前戦、キャリア最大の相手オスカー・デラホーヤに勝ってピークを迎えていた。試合は2000年3月3日、ネバダ州ラスベガスのシーザーズパレスで行われた。リードは序盤上手く戦い、3回にはトリニダードからダウンを奪う。目の覚めたトリニダードは後半にかけて逆襲しキャリアの浅いリードを打ちのめし、大差判定で勝利するまでに何度もダウンを奪った。

振返ってみれば、リード15戦目、トリニダードはキャリアピークで36戦全勝。
期待のホープをあまりにも早く狼の檻に入れた結果だった。

これが、リードのキャリアのブレイクポイントになった。

リードの試合はいつも序盤はいいが後半にフェードアウトしていく。
垂れ下がった左瞼は悪化し続け、リードの世界は悲鳴を上げてクラッシュしようとしていた。

2001年11月11日、セントルイスの警官でもある無名のサム・ヒルにノックアウトで敗れ、短い彼のキャリアは永遠に幕を閉じた。通算戦績は17勝7KO2敗。対戦相手の戦績を合計すると470勝88敗に及ぶ。これがリードの早すぎるキャリアの崩壊を象徴している。

現在、リードはミシガン州で暮らしながら、リングの外で多くの悪魔と戦っている。鬱病を患い多くの時間人里離れた修道院のような場所で本や雑誌に囲まれて孤独に暮らしている。ホームレスのシェルターで感謝祭のディナーを食べる。2005年の猛暑、車内を締め切り熱中症を起こし心肺停止、病院で蘇生措置がとられた。ボクシングとの関わりは一切ないが、今でも多くのフィラデルフィアのボクサーはリードをリスペクトしている。

かつてのスターに起きた事実は悲しい現実だ。
彼の左瞼が健全であったならどうだっただろうか?
彼のチームがリードを正しく導いていたなら、どんな未来が待っていただろう?

(アメリカン・ドリーム)デビッド・リードはあまりに髙い期待値のあまり、厳しいキャリアを急ぎ過ぎた。
これと同じ事が続く限り、リードのほろ苦い物語が繰り返されるだけだ。

そういえばいたよなぁ、な選手だったが、アメリカ唯一の金メダル、デビッド・リードは当時、フロイド・メイウェザーより人気も期待値も高い選手だった事が想像できる。ニックネームはアメリカン・ドリーム。(リードはジュニアミドル級の金メダル、メイウェザーはフェザー級の銅メダル)

多くは語らない。日本にもキャリアを急ぐあまり残念な結果となった選手がいる。
選手のその後の人生まで考えた育成をすべきなのだ。
リードの過去と今を知れ。

リードのプロとしてのキャリアはわずか4年だった。

それにしても、フェリックス・トリニダードというのは改めて、様々な選手の壊し屋だな。レジェンドシリーズでしょっちゅう出てくるが、いつも序盤にダウンを取られて逆襲して相手を潰す。敗れた相手はその後のキャリアまで崩壊していく。彼の拳がグレーであったことが報告されているが、日本に大ファンも多いからこれまた多くは語らない。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 格闘技ブログへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プクー

プクー

原始的で単純明快なスポーツです。生涯一度の敗北、無敗で引退したボクサーもいます。負けても次頑張りますというスポーツとは違う残酷さ、無常さが好きです。

-階級別, スーパーウェルター, レジェンド

Copyright© ボクシング動画配信局 , 2019 All Rights Reserved.